豊大先生流・陸上競技のミカタ

陸上競技を見続けて半世紀。「かけっこ」をこよなく愛するオヤジの長文日記です。 (2016年6月9日開設)

田中希実

田中希実がまた魅せた…14分台は惜しくも逃す~ホクレンDC第3戦・続報



前々回の記事で、田中希実選手(豊田自動織機TC)のハードワークぶりについて触れましたが、今日の実況を聞いていると、「11日には兵庫選手権の1500mが中止になったので、別の所へ行って4分15秒で走った」という話が出て、またまたビックリ!
するてえと、今日の5000mは7月に入って半月で5レース目!

結果は …

◇女子5000mA
2020071504
2020071505

期待どおりにスタートから先頭を譲らず、ラストの強烈なスプリントでエカラレを捻じ伏せる。記録を狙うには1000m以降のペースダウンが惜しまれますが、まあ、過密スケジュールのせい、と言っておきましょう。新谷もスピード練習がしたかったんなら、このレースでPMやればよかったのに!
レースがトレーニングを兼ねるのだとすれば、この2週間で彼女はまた恐ろしく強くなってしまったかもしれません。
ラスト1000mが2分50秒、400mが64秒。日本新を出した先日の3000mの上がりと遜色ないです。記録絶対ではなく、「勝てる」ペース配分を貫いた結果ですから、評価できますね。
常に田中の後塵を拝してはいますけど、萩谷楓の大PB(これまでは15分28秒13)も見事。
最終戦・千歳大会では、田中、萩谷ともに、3000mAに出場します。

※前回で速報したレースのリザルトを掲載しておきます。

◇女子3000mA
2020071502

◇女子1500m
2020071503

田中希実とメアリー・デッカー…37年の時空を想う



改めて。
田中希実選手(豊田自動織機TC)が『ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020』
7月4日、第1戦士別大会1500mで日本歴代2位の4分08秒68、
7月8日、第2戦深川大会3000mでは18年ぶりの日本新記録となる8分41秒35で、
在日外国人選手有数の強豪ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)を破って連勝を飾りました。
加えて、12日には兵庫選手権の800mに出場して2分04秒66の兵庫新記録。その前日には豪雨のため中止とはなったものの、1500mの出場も予定していました。これで、15日にはホクレン第3戦の5000mで14分台の自己記録を狙い、18日には3000mで再度の日本新を目論むというのですから、そのハードワークには驚きます。

連戦と種目のマルチぶりについてはさて置き、しばし「1500mと3000m」という話題で、たまたま本ブログにちょっとした偶然の暗合があったものですから、それについて書いてみます。

7月7日に投稿したばかりの『1983年世界陸上競技選手権ヘルシンキ大会』の記事で、大会のヒロインの一人となったメアリー・デッカー選手(USA)について紹介しました。
http://www.hohdaisense-athletics.com/archives/35487640.html
1983HELSINKI09
デッカーはこの大会で、当時のトラック女子最長距離種目だった3000m、続いて1500mを制して2冠女王となり、一躍世界のスター選手として脚光を浴びました。そのレース・スタイルは、徹底した先行逃げ粘り。「私の前を走るのは許さない!」絶対に先頭を渡してなるものかという強気なレースぶりが、人気の理由でもありました。
その優勝タイムは、
1500m 4分00秒90
3000m 8分34秒62
これが37年前の現実です。田中選手の大活躍に水を差すつもりはないのですが、いやー、まだまだ世界は遥か彼方ですね。
いま、2020年の時点で眺めてみると、現在の日本記録がこの大会の優勝記録を上回っている種目は、女子ではマラソンを除き、残念ながら1つもありません。5000m・10000mといった種目があれままた、話は違ってくるでしょうが、前述のように3000mがトラックの最長距離種目でした。銅メダル、というところへハードルを下げてみても、上回るのは走高跳1種目のみ、その走高跳も2001年にようやく83年の銅メダル記録を1㎝上回った後、日本記録の方はまったく更新の気配が見られません。

一方の男子はというと、規格の変わったやり投を除く23種目中、15種目で現在の日本記録が上回っています。
象徴的なのが、長年「世界との距離」を思い知らされてきたスプリント種目で、100mではカール・ルイスの優勝タイムが10秒07(-0.3)。これは近年の日本選手権とほぼ同レベル、と見ることができます。また当時の“高地記録”を除いた世界最高記録が、同じくルイスの9秒97(+1.5)。現在の日本記録がサニブラウン・ハキームの9秒97(+0.8)で、ちょうど「30数年前の世界レベルに追いついた」状況となっています。(やっとそんなもんか、という気もしますけど…)
400mリレーでは、9秒台を2人(ルイス、カルヴィン・スミス)擁したアメリカの優勝記録が37秒86の当時世界新記録。これは2019年の日本チームが同じく9秒台2人(桐生祥秀、サニブラウン)を擁して37秒43と、バトンワークの優位性を物語るように大きく上回っています。
ちなみに、男子でまだ上回れていない種目は、800m・400mH・3000mSC・走幅跳・三段跳・砲丸投・円盤投・十種競技の8つです。
※十種競技もやり投を含んでいるため厳密には現行記録と比較はできないが、現日本記録と83年の優勝記録との隔たりが大きいため、明らかに優劣が判断できるものとしています。

以上のことには、1980年代の陸上競技の記録が東欧圏の選手群を中心とした「推定ドーピング疑惑」に塗れており、その兆候が女子に於いてより顕著だという特殊な事情も関係していると思われますが、本質的には日本の女子アスリートのレベルアップが甚だしく遅れている、もしくはマラソン1種目に特化されている、という厳しい事実の記録的な裏付けだと、解釈されましょう。
日本女性の競技力の向上ぶりは、他のさまざまな競技を見る限りは実に目覚ましいものがあって、近年のオリンピックでの日本選手団の成果は、圧倒的に女子選手による活躍の話題で彩られています。そうした中で、陸上競技だけがいつまで経ってもカヤの外、という状況が、何とも寂しく、もどかしい。どうにかならないものか、というのが陸上ファンの切なる気持ちとしてわだかまり続けているのです。

マラソンを別にすると、オリンピックの歴史上で陸上のメダルを獲得した日本人女性は、人見絹枝さんのみ。(1928年アムステルダム大会800m銀メダル)
同じく世界選手権では、千葉真子さんだけです。(1997年アテネ大会10000m銅メダル)
入賞ということでさえ、指を折って数えるほどしかありません。
子供時代から長期にわたって陸上競技に打ち込む環境、特に文化的な環境が、日本人女性の場合他の様々な要因によって整い切らないという事情があるかもしれません。あるいは、全般的な指導法や組織的な強化方法に、何らかの改革が求められるのではないか、とも言えるでしょう。一概に比較は難しいとはいえ、近年日本人女性が躍進を遂げた多くの競技(スピードスケート、アイスホッケー、バドミントン、自転車、新体操等々)に於いて、外国人指導者の起用や強化体制の見直しが劇的に作用した例があることは、見習うまで行かずとも十分に検討するに値することです。端的なエピソードとしては、MGC方式の考案によって、低迷が続いた男女マラソン界にも一挙に活気が戻りつつある、という身近な実例もあります。

もう一つ、特に中長距離走に於いて確かに言えることは、記録に対する、というより自己実現に対する必要不可欠の要素は、「前へ、前へ!」の姿勢だということです。
ケニア人やエチオピア人ランナーのような柔軟かつ鋭利なスピードを駆使したレースを望むべくもない日本人女子選手が、世界と戦うために採るべき選択肢は、速いペースで押し切る力と最後の粘り腰を磨くこと以外は、今のところありません。ペースメーカーには、「風よけ」以外の使い道を考えるべきではないでしょう。
それを体現しようとしている数少ない選手が田中希実選手であり、新谷仁美選手であり、廣中璃梨佳選手なのです。千葉真子さんもまた、然り。そして、もちろんメアリー・デッカーも。

女子のトラック&フィールドが躍進するためには、技術的にか戦術的にか、精神的にか文化的にか、何らかの改革が必要なことは確かです。その先鞭をつけるべきは、やはり創意と工夫と地道な努力の余地が多く残されている中長距離から、ということになるでしょう。
田中選手には、ぜひその急先鋒となっていただきたいと思います。ホクレン第3戦の網走大会5000m、今度はヘレン・エカラレだけではなく、在日ケニア勢が大挙して相手になります。先頭に立つか否かは相手次第。期するところは頑なに1周72秒。ラスト1000を2分50秒。それだけでいい。

田中希実、狙って3000m日本新!~ホクレンDC第2戦


2020070801
『ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020』第2戦・深川大会が本日15時から行われ、士別大会の1500mで快走した田中希実(豊田自動織機TC)が女子3000mに出場、福士加代子(ワコール)の日本記録に果敢にアタックし、見事8分41秒35の日本新記録を樹立しました。

田中はこの日も引き続き好調子を維持して迎えた様子で、自らレースをメイク。スタートからキープした先頭のポジションを一度も譲りません。ヘレン・エカラレ(豊田自動織機)、萩谷楓(エディオン)、宮田梨奈(九電工)が追走して4人の先頭集団を形成します。単独5位に五島莉乃(資生堂)、6位集団を佐藤成葉(資生堂)、荘司麻衣(ユニクロ)らが先導します。
1000mは2分52秒8!
果敢にぶっ飛ばす田中はいつもにも増して前傾姿勢が強いような気がして、「気負い過ぎかなあ?」という不安も過ります。1500m通過は4分22秒と中だるみ傾向で、福士の日本記録8分44秒40を破るためには、後半も同じくらいのラップで行かないといけません。宮田が後退して先頭は3人。
2000mは5分53秒3。1周のラップが70秒を上回り、かなりのペースダウンです。
しかし、ここからが凄かった。気負い過ぎかと見えていた田中選手、実は(たぶん)マイペースで余裕をもって回して、ラスト1000に爆発する力を残していました。
萩谷選手がしぶとく食らいつきますが、ラストの鐘が鳴って、これは士別の1500に続き田中とエカラレのデッドヒートかと思いきや…猛然とスパートした田中がエカラレ、萩谷を一気に突き放して爆走。ラスト1周を64秒、1000を2分48秒でまとめて福士の記録を3秒以上も上回りました。
2位エカラレは8分43秒33、3位萩谷の8分48秒12も見事です。士別の5000mで前田穂南を破る金星を挙げた宮田は、9分を超えるフィニッシュとなりました。

2020070803

パンデミックの影響で、トップクラスの陸上選手がどんなトレーニングをしているのか、気になるところですが、実業団チームなどに比べて“一匹狼”に近い環境にある田中選手のようなケースの方が、対処・工夫がしやすかったというようなことがあるかもしれません。それは別にしても、ブランクを経ていきなりのハイ・パフォーマンス連発は、素晴らしいとしか言いようがありません。
次は、網走大会の5000m。計画通りのホップ・ステップ・ジャンプをどう締め括るでしょうか?

田中希実ノースパイクで歴代2位!~ホクレンディスタンス第1戦


2020070403

全国の陸上競技ファンが待ちに待った、今季長距離トラック開幕戦とも言える『ホクレン・ディスタンスチャレンジ2020』第1戦の士別大会が、4日行われました。
まずは、無観客大会とはいえ、厳重なCOVID-19対策のもと開催に漕ぎつけていただいた主催者および関係者の皆様に、心から感謝を申し上げたいと思います。
また逆境にあっても日々のトレーニングを積み重ね、見事にこの場でその成果を発揮してくれた選手の皆様、敬意を捧げずにはいられません。
LIVE配信をご覧になった方も多かったと思いますが、従来の映像垂れ流し的な配信から一歩進んで、画面でのタイマー表示、タイムスケジュールの表示、そして河野匡・大塚製薬監督による的確な実況と、大変分かりやすいものになっており、有難かったです。実況マイクは周辺の雑談を拾い放題、というのがご愛敬ではありましたけれども、それもまた関係者の生の声が聴ける楽しみで、結構でした。時折機材の不具合か回線の問題か、映像がフリーズしたり乱れたりという点を修正していただくとともに、今後さらに、素人配信ならではの工夫で、いい映像を届けていただけることを期待します。

さて、本ブログでは「女子中長距離」がメインの話題ということで、今回男子では目ぼしい記録的話題もなかったということもあり、女子2種目に限ってレース結果を振り返ってまいります。

2020070402

スタートからイーブンのハイペースで飛び出した田中希実とヘレン・エカラレの一騎討ち。
ラップ表を見ると800以降はエカラレが取っていますが、むしろレースの過半は田中が主導権をとっており、国内外国人ランナーの中でも最強の部類に入るエカラレが意地にかけても前に出ようとするところ、終始そのイニシアティヴを渡さなかった田中が、ラスト1周の激烈な抜きつ抜かれつを制し切る、という見事な内容でした。
小林祐梨子が14年前に作った日本記録まで、あと僅か0.81秒。
「田中さんはスパイクを履いていませんでした。マラソンシューズで走っております」
という河野監督のコメントが衝撃的でした。

もう一人、期待された廣中璃梨佳は、陣内綾子・菊地梨紅とともに3位グループでの追走となり、終盤の伸びなく、さらに後方から軽快な走りで追い上げた石澤ゆかりにも差されて5位に留まりました。1月の『全国女子駅伝』では、田中を含む名だたる1区スペシャリストの面々を相手に圧倒的な力の違いを見せつけ、歴史的な区間新記録を出した廣中は、現時点ではまだ調子が上がっていない様子です。



2020070401
2020070404

スタート時の気温は19℃、強めだった風も収まりつつあり、コンディションは良好です。ジェロティッチ・ウィニーが当初は15分45秒(3分09秒/km)を想定したペースメーカーを務めました。
スタートしてすぐに好位置につけた前田穂南の走りが軽やかで、自然とPMの背中をつつくような流れになり、想定よりも速いペース。早くもソーシャルディスタンスの縦長に、選手の間隔が切れていきます。
PMウィニーの背後は同僚九電工勢の中でも“最下級生”、20歳になったばかりの宮田梨奈、その後ろに前田という隊列はそのままずっと続き、しばらく追走していた3人の九電工先輩や平井、棚池といったあたりは3000mまでには振り落とされてしまいます。
3番手を耽々と、ジョギングを楽しむかのように走る前田は、もう惚れ惚れしてしまう美しい走りです。これは優勝間違いなしと見ていましたが、残り2周でPMが外れるとともにスパートするも、意外や宮田が離れず、勝負はラストの直線まで持ち越されました。スパートしたとは言ってもこの1周で75秒を要した前田は必死に相手を振り切ろうというものではなく、マラソン女王にふさわしい余裕のまとめ方だったと言えるでしょう。
“大金星”を挙げた宮田のタイムは15分52秒23のPBを約18秒も上回り、前田も約3秒、PBを更新する実りあるレースとなりました。意外ではありましたが、また新たな力の台頭が見られてよかったと思います。

第2戦の深川大会は8日(水)開催。男女5000m、10000mのほか、女子は3000m、3000mSCも行われます。前田穂南は一山麻緒・安藤友香・福士加代子のワコールトリオらとともに10000mにエントリー。田中、廣中、宮田は3000mに、士別の3000mを制した佐藤早也伽(積水化学)は5000mに登場する予定です。

『全国女子駅伝』観戦記



年末年始の駅伝三昧からこのかた、しばらく投稿が途絶えまして申し訳ございません。

ビッグレースの間が空いたということもありますが、当方の仕事の都合やら家庭の事情やらもろもろありまして、ついついご無沙汰いたしました。何度も「そろそろ新しい記事があるかな?」と覗きに来てくださっている方々には、本当に感謝申し上げます。

『第35回皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝』が、雪の降りしきる京都で行われました。
初めに、大会実施に尽力してくださった多くの関係者、地元住民の方々に、心からの感謝と敬意を表させていただきます。
私の友人にテレビ関係の業務で現地に赴いた者がおりまして、当日朝の状況をSNSに伝えてきたんですが、とても開催が可能とは思えないような雪景色の写真でした。選手の安全を第一にとの観点からすれば、中止の英断も止む無しだったと思われる一方、同じような大雪明けの数時間の間に除雪作業を完了して開催にこぎつけた東京国際マラソンの例なども思い出し、ハレのレースを目前に迎えた選手や毎年恒例のレースを心待ちにしている市民の皆さんなどのお気持ち心情を察するに、何とか実施してほしいという思いを禁じ得ませんでした。

◆「強行開催」に批判??ウソでしょ?
ネット記事の中には、こんな無責任な論評をする輩もいます。おそらくランナーの気持ちなどひとかけらも理解していない、外野席のさらに外側からの暴言ですね。

女子駅伝
↑ http://netgeek.biz/archives/90809 より

賭けてもいいですが、
「こんな条件のレースは中止にしてほしい」
などと思っていた選手は、ただの一人だっていないと思います。
中継番組の中で、タスキの到着を待つ中継所からのレポートで、
「ふだん体験することのできないレースに、ワクワクしています」
という選手の声があったり、
「競技場はともかく中継所付近の裏道は除雪がされていないだろうから、選手はアップができなくて困るだろう」
という解説・小林祐梨子さんのコメントに、すかさず
「関係者だけでなく近在の住民も加わって除雪が行われ、選手は雪のない道でアップができている」
とのナイスなインフォメーションがあったり。
それが陸上競技をやる者、観る者の偽らざる声であり、行動なんです。
駅伝・ロードレースを愛する人々が心を一つにして開催し、懸命にレースを戦った、いつまでも記憶に残りそうな『全国女子駅伝』が実現したのではありませんか。
上記のような記事は、これらの方々の真摯な気持ちを冒涜する、失礼千万なタワゴトと言うほかありません。


台風の影響で中止になった一昨年の『出雲駅伝』のように、選手や観客の安全が保証されない場合の開催中止は致し方ありません。大雪による積雪が完全に排除できなかったり、路面の凍結が解消できない場合も同様で、とにかく優先すべきは選手の安全第一。それさえ確保できていれば、どんなに寒かろうが頭に雪が積もろうが、ランナーは嬉々としてレースに臨むんです。かくいう私だって、4月なのに気温5度の雨中のレースに出て、ランナーの気持ちを解さない友人から「気が知れない」と言われたことがあります。
もちろん、「嫌だなあ、晴れてる方がいいなあ」と思う選手もいますよ。でも、誰も「中止してほしい」なんて思いませんよ。代替試合が行われる競技と違って、ロードレースは一期一会のものなんですから。
ぬくぬくとした部屋でテレビ観戦を決め込む当方としては、ただただスリップによる転倒だとか、低体温症などのアクシデントが起こらないことを願うばかり。幸い、映像などから伺う限り、そうした懸念も杞憂に終わったようで、まずはめでたし。

【D】『即日出荷』 asics(アシックス)[Unisex ムービングロングタイツ XT7227]SA陸上・ランニング「あす楽対応」【KPI】

価格:4,989円
(2017/1/16 06:33時点)
感想(0件)



◆“和製ラドクリフ”現る!

さて、都道府県対抗駅伝は、言ってみれば国体の駅伝版。ふだんの所属チームをシャッフルして、47の都道府県別チームに編成するところに何とも言えない妙味があります。
『実業団駅伝』や『全国高校駅伝』に出られなかった選手を見る機会もあり、また同じチームの選手が同じ区間の競走相手として登場することもあり、423人という出場選手数は、数ある駅伝レースの中でも群を抜いた百花繚乱ぶりです。
観る側としては、もちろんそれぞれの属性によって「おらが国さ」を応援する心情はあるとして、どのチームがどんなメンバーになるのかは毎回変わってきますし、前回A県で出ていた選手が今回はB県で、なんてことが頻繁に起きますから、勝ち負けそのものに熱中するというよりは、特定の個人ビイキや高校生・中学生のニューカマーに注目する、という「ミカタ」になるところがあります。

で、今回の最大のトピックは、4区で並み居るシニア選手たちを向こうに回して区間賞・11人抜きの快走で長崎県をトップに押し上げた、廣中璃梨佳(長崎商高1年)。
首と肩を大きく振るダイナミックな走法から、解説の金哲彦さんから「和製ラドクリフ」のニックネームを奉られた超新星です。その表情は、どことなく同じ解説席にいた小林祐梨子さんをも彷彿とさせました。

区間タイムの12分47秒は、木﨑良子が3年前に作った区間記録にあと7秒と迫る、区間歴代7位。
岡山インターハイの3000mで、9分03秒51の高1最高記録で5位に食い込み、その後10月の県新人戦で9分00秒81に更新。その1週間後には5000mでも高1最高(その後小笠原朱里=山梨学院高が大幅に更新)の15分42秒23、また新人戦の前週には国体の少年女子B800mで2位に入るというスピードランナーぶりも発揮しています。
長崎商高は惜しくも全国駅伝への出場は叶いませんでしたが、廣中は県大会、地区大会ともに1区を走り、森林未来(諫早高)、矢田みくに(ルーテル学院)といったところを相手にいずれも区間賞、特に地区大会では18分47秒という区間新記録。
つまり、昨年のトラックシーズンからこの冬まで、ずっと一貫してハイレベルなランニング・パフォーマンスを続けているわけです。しかも高校1年生。これはもう、期待するしかないですね。すぐにでも、ゴールデン・アスリートへの追加をお願いしたいほどですよ。

今シーズンの高校女子勢は、3000mと5000mの記録レベルが非常に高く、12月3日の記録会で矢田、小笠原、森林の3人が揃って高校歴代10傑入りする快記録で走ったことは既報のとおり。他にも、3000m8分台の高松智美ムセンビ(大阪薫英女学院)をはじめ、田中希実(西脇工)、加世田梨花(成田高)、樺沢和佳奈(常盤高)、向井優香(世羅高)…と、何人もの名前が挙がります。
その多くがこの日の大会にも出て、実業団・学生顔負けの走りを見せていましたが、廣中までの活躍に至った選手はいませんでした。間違いなく、今大会の「新人賞」「最優秀高校選手賞」でしょう…と思ったら、廣中は3区区間賞の不破聖衣来(群馬/大類中)とともに「未来くん賞」だって。2区区間賞の片山弓華(立命館宇治2年)が、「優秀選手賞」に選ばれています。区間賞を獲得した高校生4人は、いずれも1年・2年生です。

◆シニア選手はイマイチだったが…
実業団・学生勢では、関根花観(東京/JP日本郵政グループ)や上原美幸(鹿児島/第一生命)、伊藤舞(徳島/大塚製薬)といった「リオ組」に話題が集まりましたが、いずれも第一人者の貫録を示すまでには至らず。1区“3連覇”を狙った安藤友香(静岡/スズキ浜松AC)、駅伝女復活を期待された鷲見梓沙(愛知/ユニバーサル)、あるいは私のご贔屓・中村萌乃(新潟/ユニバーサル)なども、不発に終わりました。
また、大学長距離界を席巻した松山大学勢も、出身各県に分かれての参戦となりましたが、いいところがありませんでした。学生陣では唯一、佐藤成葉(神奈川/立命館大)が2区2位と5000m現役最速の実力を見せたのが目立つ程度で、それも高校生の片山弓華(立命館宇治)に競り負けたのは少し消化不良でした。

さすが、の走りを見せたのは岡山のアンカーで6人を抜き、首位に肉薄した小原怜(天満屋)。マラソンでの世界再挑戦を見据えてこの時期・この距離での快走は、絶好調ぶりを伺わせます。
3月の名古屋ウィメンズマラソンには、この小原をはじめ、昨年のリオ選考会で好走したメンバーが顔を揃え、また安藤友香などの初参戦も噂されています。実に楽しみ。

もう一人、年末の記事で紹介した宮田佳菜代(静岡/ユタカ技研)が、またも「キター!」と思わせる走りで8人抜き、区間賞こそ廣中に持って行かれましたが4区2位。実は彼女、木﨑が区間新をマークした2014年大会(当時は愛知/時の栖)でも、この4区で8秒差の区間2位となっています。
今大会には、2012年の高校駅伝で2位になった「豊川高5人衆」…区間順に、岩出玲亜(兵庫/ノーリツ)、宮田、鷲見、関根、堀優花(岐阜/パナソニック)が、揃ってすべて別々のチームから出場していました。社会人4年目にして、それまでいちばん遅れをとっていた感のある宮田が、今大会に関して言えばナンバーワンの走りを見せたわけです。アイドル・ランナーの大飛躍にも、ますます期待です。


 
ギャラリー
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
楽天市場
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ