豊大先生流・陸上競技のミカタ

陸上競技を見続けて半世紀。「かけっこ」をこよなく愛するオヤジの長文日記です。 (2016年6月9日開設)

大阪国際女子マラソン

連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン


1991oosaka01

今回のお宝映像は、あの有森裕子が日本女子マラソンのトップランナーに躍り出た、1991年1月の『大阪国際女子マラソン』です。
第10回の記念大会ということで、初代から4代目までの歴代優勝者が招待されるという豪華な顔ぶれの中で、国内的にはこの夏に開催される東京世界選手権の代表選考を兼ねた、熱い戦いが繰り広げられました。
出場した歴代女王は、第1回のリタ・マルキシオ(ITA)、第2・4回のキャリー・メイ(IRL)、第3回のカトリン・ドーレ(GER)、第5・6・8回のロレーン・モラー(NZL)で、いずれもこの時点では現役バリバリ。第7回のリサ・マーチン(AUS)と前回のロサ・モタ(POR)は残念ながら都合つかず。ですが、ソウル五輪のマラソン上位3人がいずれも大阪で優勝している、というのはなかなかなことですね。(モタのみ、五輪後の優勝)
歴代女王以外では、ソウル4位のタチアナ・ポロビンスカヤ(RUS)、ボストン・シカゴなどのメジャー大会を獲っている強豪リサ・ワイデンバック(USA)、大阪5年連続出場のレナタ・ココウスカ(POL)、チェコスロヴァキア記録を持つA.ペテルコヴァなど、海外招待選手は総勢15人。
国内招待選手は、浅井えり子(日本電気HE)、有森裕子、松本真由美(以上リクルート)、石倉あゆみ(京セラ)、黒崎しのぶ(大阪陸協)、田中弘子(旭化成)、鰍谷真由美、名雪多美代(以上セイコー電子)の8名です。

放送製作は関西テレビ(フジテレビ系列)。メイン実況は競馬の実況者として杉本清さんの先輩だった松本暢章アナ、解説は帖佐寛章陸連専務理事。第1放送車に塩田利幸アナと解説・豊岡示朗大阪体育大学教授、第2放送車に馬場鉄志アナと解説・澤木啓祐順天堂大監督、第3放送車に毛利八郎アナなど。
大会冠スポンサーは、第1回から第20回までダイエー・グループでした。
確か、『東京国際マラソン』もダイエーグループの協賛だったと思いますが、2分間、レースの映像を半画面に残しつつ延々とグループ各社(ローソンやビッグボーイ、オレンジページ、福岡ダイエーホークスに至るまで)をロール表示していくCMがとても印象深く、好感を持てるものでした。企業によるスポーツの応援はこうあって欲しい、と思わされる手法でしたね。
1991oosaka02

さて、レースはトラックの周回時点から、中国のチェン・シンメイ(愛知教育大)がポンと飛び出し、以後のレースをずっとメイクしていくことになります。ソウル5位の趙友鳳に続き、同じ竹内伸也監督のもとで国際ランナーへの飛躍を目指すチェンは、少し腕振りなどの動きに固さが感じられるものの、スラリとした身体の割には太腿の肉付きなどなかなか逞しく、十分な素質を秘めていたように見受けられます。
長居公園の周回路に出たあたりでいったん吸収されますが、この飛び出しの影響で隊列は縦長の中にいくつかの小集団が形成される展開になります。
先頭は、チェンの他、リ・ジュワン(CHN)、ドーレ、ポロビンスカヤ、ワイデンバック、ココウスカ、ペテルコヴァ、浅井、有森、そしてマラソンデビュー戦の浅利純子(ダイハツ)という10人。

1991oosaka03
 
先頭集団を力走する有森と、インタビューに答える小出監督

10㎞過ぎ。チェンが再びペースを上げると、浅井と浅利は追走集団についていけなくなり、後退。チェンはそのまま集団を引き離して再び単独首位に立ち、レースを見守っていた竹内監督は、「これはオーバーペース。そこまでの練習をしていないし、フォームも良くない」と、辛辣なコメントです。
それまで単独11番手にいた石倉を田中とヘレン・モロス(NZL)が交わしていき、その後にはモラーら数人の外国人ランナーに混じってリクルートの新人・佐藤千春が追走。500メートルほどの間に、1人(チェン)-7人-2人-2人-1人-7人、…という小刻みな塊が流れていきます。
1991oosaka04

『大阪』のコース上の見どころは、中盤の御堂筋、後半の大阪城公園というのがお馴染みですが、本格的に御堂筋を南下する進路が取られたのは、この年からです。広々と開けた8車線の直線一方通行路にはお誂え向けの側道が1車線あって、マラソンの折り返しのために設計されたかのような趣があります。
折り返し直前の20㎞まで、独走態勢のチェンと追走集団は17分台の好ペースを続けてきており、集団の中にいる有森に、そろそろ「日本最高記録」の期待がコメントされ始めています。有森は前年の大会でマラソンデビューし、当時の初マラソン日本最高記録で6位となりました。その直前に『全日本実業団女子駅伝』で、アンカー区間賞を獲得したのは前回の記事でお伝えしたとおりで、20歳を過ぎて急速に台頭してきたランナーです。
91年1月時点で、2時間30分を切った日本人女性ランナーは小島和恵、宮原美佐子、兵頭勝代の3人しかいません。小島と宮原が既に現役を去り、兵頭もまたトライアスロン転向を決めていたこの時、新興勢力の急先鋒たる有森によって、2時間29分、28分を一気に跳び越え、27分台の快記録へと期待は高まります。

25㎞を過ぎるとコースは大阪城公園へ。現在の簡素化された通り方ではなくて、いったん一般道路に出てから再入場するなど、変化にとんだ約2㎞半に及ぶ経路です。距離的にもいよいよ佳境という頃合いですし、短いながらも急峻なアップダウンもあり、選手を映すカメラのアングルが目まぐるしく変わる視覚的な効果も手伝って、「死闘」の雰囲気が自然に演出されたコースでした。
第6回から37回大会まで、この場面になるとTHE ALFEEのオリジナル曲が流されるというのも、好き嫌いはともかく、ユニークな演出でした。毎回新たなテーマ曲を32年間(31大会)提供し続けたというアルフィーの壮挙は、ギネスブックに認定されているそうです。
トップを行くチェンのリードはますます広がり、追走集団はリ・ジュワンがこぼれただけで6人がびっしりと肩を寄せ合って歩を進めます。
そのさらに後方では少し動きが出始めました。最初トップ集団にいた浅井・浅利を、後ろから来た田中・モロスが吸収。さらに、後方で一人マイペースを決め込んでいた石倉が猛然と追撃を開始し、場内で一気に4人をゴボウ抜きして9位に浮上します。目の前に子供が付き出した小旗を「ウルァ!」とばかりにパンチで叩き落とし、気合満点の表情で公園内を突っ走るところまではよかったのですが、この後突然「トイレタイム」に見舞われてしまい、大きく順位を落とすこととなりました。
1991oosaka06

ドーレが引っ張る追走集団は、30㎞の給水所で一気に崩壊して、追走はドーレと有森の2人だけとなりました。さすがに脚色に衰えの見え始めたチェンとの差が、少しずつ詰まります。

この大会が、東西統合後に初めてドイツチームのユニフォームを着ての出場となったドーレ。第3回大会優勝のみならず、ここまで日本では広島ワールドカップを含め7戦6勝という抜群の親日ランナーです。生涯フルマラソン24勝という戦績は、川内優輝を別とすれば男女を通じて傑出した最多勝記録。歴代の女子マラソンランナーで、間違いなくベスト10に入ってくる名選手です。
そのドーレにマッチレースを挑む形となった有森は、マラソン2戦目とは思えない、また高校時代に常に『都道府県対抗女子駅伝』の岡山県補欠に甘んじていたというのが信じられない、端正で力強い脚運びで大金星を伺います。

1991oosaka07
34㎞過ぎ、遂にチェンを捉え、優勝争いはドーレ、有森の一騎討に。
37.5㎞付近でスポンジを取ったドーレが、それを有森にも手渡そうと振り返った時、ちょうど一杯一杯になりつつあった有森は2メートルばかり後方にいて、少し頑張ってスピードを上げ追いついて受け取る、という動きがありました。その直後にCMブレイクが入り、明けた時には両者の間に10メートルばかりの差ができており、どうやら勝負ありの感があります。
残り4㎞、勝負には敗れつつありながらも有森の闘志は衰えず、懸命に落ち込みを抑えながら記録への挑戦が続きます。
結局、貫禄のドーレに揺るぎはなく、前年のロサ・モタより4秒速い2時間27分43秒でテープを切り、有森は18秒差、2時間28分01秒の堂々たる日本最高記録で2位を占めて、会心の笑顔・会心のガッツポーズでのフィニッシュとなりました。
1991oosaka08

レースを盛り上げたチェンも29分台の大幅PBで3位に粘り切り、竹内監督の懸念を一蹴しました。以下ココウスカ、ペテルコヴァ、ワイデンバック、ポロビンスカヤ、リ・ジュワンと当初の先頭グループがそのまま順位をキープ。日本勢の2番手は、有森と同僚の佐藤千春となって、以下田中、浅利、浅井、石倉と続きました。第1回から10年連続出場の黒崎しのぶ(大阪陸協)は19位でレースをまとめています。

この快走で8月の東京世界選手権代表を射止めた有森は、猛暑のレースで銀メダルを獲得した山下佐知子(京セラ)に続く4位となり、ともに日本の女子マラソンが世界に打って出る足掛かりを築きました。
ロスおよびソウル五輪の結果が示すとおり、日本の女子マラソンはまだまだ世界で戦うには実力不足とされていた中から、ようやく現れた世界基準のランナーが、山下と有森だったわけです。(むろん、両者が“世界”の舞台である夏のレースに強い特性を持っていたというのも、大きな要因です)

“世界”で4位というのはそれほどに、当時としては素晴らしい快挙だったのですが、その一つ上の実績を挙げた山下が早々にバルセロナ五輪代表に内定したのとは裏腹に、有森の代表決定までの道のりが難渋し混乱を招いた経緯は、ご承知のとおり。陸連としては当初から実績抜群の有森を選ぶ腹積もりであったに違いないのですが、一人の選手がマスコミを巻き込んだアピールを仕掛けたことで、現場にも選考にも関係のない門外漢が大騒ぎする事態へと発展してしまい、前回のソウル男子に続いて「マラソン五輪代表選考」は一種の社会問題にまでなってしまったのです。
いずれにしろ、2大会連続五輪メダルという快挙を達成し、今なお女子マラソン界の重鎮として輝きを放ち続ける有森裕子の、鮮烈な出世レースがこの『第10回大阪国際女子マラソン』でありました。
1991oosaka09

気が早いけど、今季の日本マラソンを振り返ると…



『びわ湖毎日マラソン』と『名古屋ウィメンズマラソン』の時期を迎えると、 寒い冬も、陸上ファンにとってワクワクドキドキ連続のロードレース・シーズンも、ともに「ああ、終わっちゃうなあ…」という感じになりますね。自らも走っている人などは、そろそろ重装備のウェアを1枚どうしようか、という陽気になってきました。

リオ五輪の“惨敗”を承けた今シーズンの日本マラソン界は、特に目立った急展開はなかったにしろ、「日進月歩」の僅かな1歩はあったかなと、そういう印象のシーズンだったと思います。
男子では、川内優輝・中本健太郎のかつて別府のコースで死闘を演じた両ベテランが存在感を示したのに続いて、 前週の『東京マラソン』では井上大仁(M.H.P.S)や設楽悠太(Honda)といった若手ランナーが希望をつなぐ結果を残しました。まだフルマラソンを走ってはいませんが、駅伝、10マイル、ハーフ、30kmと着実にレースをこなす神野大地(コニカミノルタ)への期待は、大きく膨れ上がりつつあります。加えて、大迫傑(NIKE.O.P.)のマラソン挑戦表明というニュースは、気が早いながら来シーズンに向けてのプラスアルファ要素としてついつい“皮算用”してしまいます。

◆“無名の新鋭”井上大仁の評価
井上大仁の快走は、一般的には「意外な無名選手が…」とか「ハイペースの先頭集団に付かなかった消極的レース」というように捉えられていたところがあるようですが、私はどちらも違うという気がしています。
井上は、2014年の関東インカレ・1部ハーフマラソンの優勝者です。この時の2部優勝が神野大地、2着は同じ青学の一色恭志でした。1部と2部は5分の時差スタートをしますから同じレースを走ったわけではないのですが、気象コンディションは同じと言ってよい中で、優勝タイムは井上が16秒上回っています。
以来私はこの選手にはずっと注目してきましたし、同シーズン『箱根』での3区3位(区間賞は駒澤の中谷)、初マラソンでの2時間12分台という結果にも「まずまず…」の感想を持っていました。
今シーズンは11月の『九州実業団対抗毎日駅伝』3区(13.0km)で今井正人(トヨタ自動車九州)、村山謙太(旭化成)を40秒以上上回る区間賞。本番の『全日本』では市田孝(旭化成)、今井に次ぐ4区(22.0km)3位。
これらを見ても、今まで注目度の高い『箱根』や『ニューイヤー』では目立った活躍がなかったことで地味な印象を持たれてはいたものの、相当な実力者であることが知れようというものです。さかのぼれば、2013年の『全日本大学駅伝』2区では大迫傑(早大)、山中秀仁(日体大)と区間賞を分け合ってもいます。
彼を「無名の新鋭」として扱ってしまうのは、ひとえにマスコミの認識不足であり、大学駅伝を注視し続けてきたはずの日テレの放送席ですらまともに取り合わなかったのは、少々残念なことではありました。
(ところで、前身の『東京国際マラソン』以来ずっと、西暦奇数年にはフジレテビ系列が中継してきたのに、今回初めて日テレが中継したのは、どういう事情だったのでしょうか?日テレが世界選手権代表選考会を中継するのは、去年の『さいたま国際』での女子に続いて、男子でもこれが初めてのことだったと思います)

今回のレースの序盤で、設楽悠太に先んじて先頭のペースに食い下がろうかという動きを見せた時から、私はレース中ずっと、その位置取りを気にしていました。結局井上は5kmまでに追走を諦め、かといってその後日本人主力選手の集まったグループに吸収されたという情報もなく、30km以上にわたってほとんどテレビに映ることのなかった井上がどんなレースをしているのか、想像を巡らすほかはありませんでした。
自分のペースを貫いた結果とはいえ、先頭の「世界記録ペース」にも後方で佐藤悠基がつくる「巡航ペース」にも迎合せず、ほぼ単独走となった厳しいレース展開を耐え抜いての日本人トップ。彼こそは、この日のマラソンで最も勇気あるレースをしたランナーであり、ここ数年では好タイムと言える2時間8分22秒でのフィニッシュという成績は、評価してよいのではないかと思います。

>【ポイント10倍 3/4 19:00~3/9 1:59まで】 アシックスASICSランニングシューズ レディースLADY GT-2000 NEW YORK 4GT2000 ニューヨーク4TJG519 4050マラソンシューズ ジョギング ランシュー クッション重視

価格:6,990円
(2017/3/5 10:28時点)
感想(1件)


◆「レース展開への評価」は無用!
ここのところ、日本人選手が苦戦を続けるマラソンという種目への姿勢について、陸連上層部の見解に妙な“揺らぎ”が目立つことに、とても違和感を覚えています。このことについては『大阪国際女子マラソン』のくだりでも述べたのですが、「世界のペースに付いていかなければダメ」とか、「前後半をフラットに、いやむしろネガティヴ・スプリットで」とか、およそ相反する指針を公然と口にする指導者が、信用ならんという感じなのです。つい、私がむかし所属していた会社で「レギュラーワークの売上を伸ばしつつ、新規事業を立ち上げろ」と常々言っていた上司を思い出してしまいます。「んな無茶な!」ということですよ。
「世界のペースに付いていく」ことが大事なら、ネガティヴ・スプリットを想定した遅めのペースメーカーを設定するのはおかしいし、また人為的に前半を遅くしたペースでネガティヴを実現したとしても、そこに何の意味があるのか、という気がします。
『大阪』で好成績を残した重友梨佐や堀江美里、『東京』で上位を占めた井上や山本浩之(コニカミノルタ)、設楽、それぞれが「自分のレース」に徹底した結果だったというのは明らかです。
設楽の場合は、前半ハーフのペースは3週間前の『香川丸亀国際』で試運転済みの想定レースで、そこから先は未知の領域へのチャレンジ。上手くいったとまではいきませんでしたが、今回はこれでOKです。今後は後半の落ち込みを食い止めるためのトレーニングを積み重ねればいい、という目標は「体感」としてしっかりと掴んだはずです。

42.195kmを走り通しての結果がナンボ、それがマラソンという種目の全てであるといってもいいのです。ペース配分は人それぞれ、結果の受け止め方も人それぞれ、日本のマラソン界が「強い選手」を代表に選ぶことができない現状では、こうした中から将来性や堅実性(あるいは逆に一発の魅力)を勘案して、目先の大会に選手を送り込んでいくしか、ないのではないでしょうか?…異なる大会でのタイム比較や、理想とするレース展開に適ったかどうか、そんなことは二の次で構わないと思うのですが、どうでしょう?

◆『びわ湖』への期待
今日の『びわ湖』には、大学駅伝路線では常に「日なたの道」を歩んできた一色恭志が2度目のマラソンに挑みます。本人から「練習不足」のコメントが出ていますので、あまり期待はせずに見守ってみたいとは思います。一般参加選手のリストには、宮脇千博(トヨタ自動車)や村澤明伸(日清食品G.)、市田宏(旭化成)などの名前もあります。
いっぽう迎え撃つ、昨シーズン日本ランク1位の佐々木悟(旭化成)や松村康平(M.H.P.S.)がどんなレースをするか、三十路を迎えたこの世代の力量を推し量る意味でも、そこが私の注目するところです。
小さいけれど確実な一歩、それを感じられるレースを見たいものです。

 

女子マラソン、栄光再びへの道




いやもう、恥さらし連続の昨日の記事でしたな。
『第36回大阪国際女子マラソン』の放送が始まったとたん、番組のイチオシは「伊藤・重友」ではなくて「竹中・加藤」…なんだ、ワシの展望はテレビ屋の考えることと同じだったか。
「ペースメーカーがいない」などと書いたら、ちゃんとイロイス・ウェリングス、チェイエチ・ダニエルというお馴染みのラビットさんがいるし。(言い訳しますが、私、この2人はてっきり「招待選手」のリストにいるものと勘違いしてたのです。一昨年までの傾向で「大阪はPMが付かない」という先入観があって、つい早合点してしまいました)
そして、結果は「旧勢力」の一角・重友梨佐の快勝劇。
まったくお恥ずかしい展望記事を書いたもんです…。
48


◆『大阪国際』は重友が優勝
PMがちゃんと付いてました、すんません…というのはまずは措いといて、そのペースがレース展開に微妙な波乱をもたらしました。
ウェリングスは昨年の大阪でも名古屋でも10kmあたりまでの導入ペース設定を任されたランナーで、大阪ではフラットな高速ペースを作り出し、名古屋ではしばしば実況で「乱高下」という言葉が叫ばれるほどの不安定なペースにしてしまった、要は巧いんだか下手なんだか分からないヒトです。
で、今回の大阪は「下手」のほうに出て、設定をかなり下回るスローペースでの入りとなりました。
おかげで序盤は、招待選手のほとんどと準招待・ネクストヒロインの何人かが入り混じる大集団が形成されながらも、5kmあたりからはまずまず落ち着いて、穏やかなレース模様になるかな、と思われました。

で、10kmでダニエル一人になったとたん、このPMがレースを動かしちゃいましたね。
このダニエルさん、昨年も中間点で一人になった(昨年は30kmまで担当)とたんに“スパート”をかけたもんで竹中理沙とセリ・チェピエゴが付いていけなくなり、結果福士加代子の独走を演出してしまったんですが、今回は早くも10kmで同じことが始まってしまいました。
集団は一気に縦長になって、重友が、伊藤が、そして竹中が、振り落とされていきます。ペースは10km以降、16分40秒台/5kmに上昇。
このペースアップに果敢に挑んでいったのが加藤岬と堀江美里、そして吉田香織。
堀江の対応力も少々意外でしたが、『さいたま国際』を走って凡走に終わった吉田が、ビックリするほど元気です。『さいたま』では先頭集団のペースに付いていけず、“美熟女コンビ”の那須川瑞穂(残念なことに、この大会を最後に引退したそうです)とともに後方に控える展開で消極性を批判された、なんてこともありましたが。
結果、吉田は残り3kmでリタイアとなりましたが、中盤戦を盛り上げた立役者となりました。35歳の職人は、まだまだ東京オリンピックを諦めてはいないそうですよ。

レースはご承知のとおり、早々に先頭集団から“脱落”したかに見えた重友が後方で立て直すや、一時盤石の態勢でトップに立った堀江を35㎞過ぎで逆転、2012年オリンピック選考会以来5年ぶり2度目の大阪優勝を飾りました。
女子の3大大会で同一レースを2度制した日本人選手はあまり多くなく、すでに廃止された東京国際の浅利純子(1995年・98年)、名古屋国際の高橋尚子(98年・2000年)、大阪では渋井陽子(2000年・09年)の例があるくらい。大阪の場合は赤羽有希子(2011年・13年)と福士加代子(2014年・16年)もいますが、いずれも1回は1位選手のドーピング失格による繰り上がりで、2度ゴールテープを切ったのは渋井に次いで重友が2人目、ということになります。
ちなみに、3大大会で通算3回優勝したというのは、浅利(上記の他93年大阪国際)、高橋(同・2005年東京国際)、野口みずき(2002年名古屋国際・03年大阪国際・07年東京国際)と、3人の金メダリストのみ。4回以上という例はありません。
こうしてみると、重友は堂々と日本女子マラソン界の歴史に名を刻む存在になった、と言えるかもしれません。あとは海外メジャータイトルか世界大会の金メダルが欲しいところですね。

竹中理沙と加藤岬は、どうしちゃったんでしょうね?
不安定なペースが敗因、とするには、あまりにもひ弱さが目に付く結果でした。
トレーニングやコンディショニングに関する情報が、私たち素人ファンのもとにまで伝わってこないのがもどかしいところですけど、両者とも昨年のタイムとほとんど変わらない結果には、1年間の成長を楽しみにしていただけに残念と言うほかはありません。特に竹中の場合は、大学時代の同級生だった田中華絵に先を越されてしまったことを奮起材料として、また出直しを図ってもらいたいものです。

そこへいくと、堀江の自己ベスト更新・自らレースを作っての2位はお見事でした。
トラックでも駅伝でも大きな実績のない地味な存在が、マラソンという種目に関してはトップランカーに名を連ねつつあるという、女子ではこれまでにないタイプの選手ですね。(ちょっと大南姉妹を彷彿とさせますが)
「25分は切れないだろう」という私の唯一的中した予想が残念ではありましたけど、これで世界選手権代表のチャンスは残りました。強豪が多数控える名古屋ウィメンズの結果によって枠からこぼれる可能性も大ですが、その場合はぜひとも、昨年のゴールドコースト制覇を上回る、海外レースでのさらなるPB更新を目指してもらいたいです。

【あす楽】ナイキ NIKE ランニング ラップ RN4001 ドライフィット ネックウォーマー

価格:2,052円
(2017/1/30 07:38時点)
感想(0件)


◆ネガティブ・スプリットって、簡単に言うけど…
ところで、今回の大会ではしきりに「ネガティブ・スプリットへの期待と評価」が随所でコメントされていました。
近年の女子マラソンの傾向として、後半にペースが跳ね上がるネガティブ・スプリットを刻まないと世界レベルには太刀打ちできない、という考え方なのですが、ちょっと引っ掛かるところがあります。

重友はペースが跳ね上がった10km過ぎでいったん自重したことによって、ネガティブまでは行かずとも絵に描いたようなイーブン・ペース(前半72分10秒・後半72分12秒)を実現したわけですが、これがもし、2年前の代表選考基準にかかっていたとしたら、どうだったでしょう?
2014年の横浜国際女子マラソンで、優勝しながら「前半のペースアップに付いていかなかった消極性」を指摘されて代表選考から漏れた、田中智美選手の事例が思い起こされます。陸連の選考方針が変化したんだと言えばそれまでですが、どうもこの種の、レース展開に関する個々の考え方にまで期待や評価をお上が下すというのは、納得がいかないのです。
先行して逃げ粘ろうが、集団走から一撃のスパートで決めようが、後方集団から追い上げようが、42kmを走った結果がすべてではないでしょうか?結果が悪ければ、「あそこでああしなきゃダメじゃないか!」と批判されるのは仕方ないにしても、ハナから「こういうレースをしないとダメだ」と決めつけるのは、いかがなものかという気がします。

ネガティブ・スプリットというのは、前半のハイレベルな探り合いがあって、勝負所で圧倒的なスピード変化を実現してこそのものだと思います。私たちが目の当たりにできた典型的な事例は、2000年名古屋国際での高橋尚子による、中間点過ぎからの破壊的なペースアップです。あれこそは、日本女子マラソン黄金時代の象徴とも言えた、「女王のレース」でした。それを実現する走力があって、初めてネガティブ・スプリットは戦術として意味が出てくるものだと思うのです。
人為的に前半抑え目のペースを造って、「さあ、後半は上げなさい」というやり方で、果たして今のレベルの日本の女子選手たちが本当に世界のレースを体感することができるのかどうか、甚だ疑問です。
その意味では、ある意味無茶なペースをメイクした今回のPMの仕事ぶりは、かえってレースに波風を立たせた結果となって、良かったのかもしれません。穏やかなスローペースで中間点まで進んで、大集団から誰が仕掛けるか、という展開も見てみたかった気はしますけど、レースは生き物ですからどうなっても対応する力がないと、世界には出ていけない、ということですね。

その点、重友の優勝は、まだまだ世界に抗するには力不足。前半を自重したのであれば、せめて35-40kmを16分台でまとめて実際に後半を1分以上は速くしないと、世界基準のレースには敵いません。
ただ、一つ勝つパターンを経験したことによって、ようやく5年前の輝きを取り戻すきっかけにはなった、と言えるでしょう。 本当なら、速いペースや乱高下するペースにも付いて行って、その上で後半自らペースアップする、35㎞までの堀江の走りと中間点過ぎの重友の走りが一人の選手によって実現できたとき、日本の女子マラソンは再び世界の中心軸となり得るのだろうと思います。

 
ギャラリー
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
楽天市場
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ