豊大先生流・陸上競技のミカタ

陸上競技を見続けて半世紀。「かけっこ」をこよなく愛するオヤジの長文日記です。 (2016年6月9日開設)

ジャスミン・ストワーズ

ガトリンまた惨敗~DLユージーンは波乱続出


IAAFダイヤモンドリーグ第3戦のユージーン大会『プレフォンテイン・クラシック』が27日(日本時間28日早朝)に行われました。

大会名となっているプレフォンテインとは、1970年代に地元オレゴン大学のヒーローとして一世を風靡したスティーヴ・プレフォンテインから採られています。彼は1972年のミュンヘン・オリンピック5000mで4位と健闘したもののメダリストではなく、10000との2種目で優勝したラッセ・ヴィレン(FIN)やマラソン金メダルのフランク・ショーター(USA)に比べれば世界的にはさほど名のある選手ではありませんでしたが、常にフロントランナーとしてぐいぐいレースを引っ張るスタイルで、国内では大変な人気を博しました。ミュンヘンの3年後に交通事故のため24歳で夭折し、その名はこの大会の冠となって、世界最高峰のワールドツアーの一つに残されているのです。

この大会の名物種目となっている「バウアーマン・マイル・レース」(ロナルド・ケモイが優勝)に名を残しているビル・バウアーマンは、プレフォンテインを育てた陸上競技のヘッドコーチであり、ナイキの創業者の一人として知られる人物です。
さらに、バウアーマンの恩師であるビル・ヘイワードは、この大会の会場であるオレゴン大学グラウンドに「ヘイワード・フィールド」という名を残しています。
いわば、3代にわたる師弟関係の物語が、この大会を由緒あるものに仕立て上げているわけですね。
2021年には、この場所で世界選手権が開催される予定です。現在最大で20000人程度を収容できるに過ぎない、日本の大学のグラウンドと同じような空の開けたスタジアムが、どのように変貌していくのかが興味深いところです。

また、この大会で特徴的なものが、選手が装着しているビブスです。
通常ビブス(ナンバーカード)は、固めの化繊布や防水コーティングした紙製のもので、安全ピンもしくはボタンクリップでランニングウェアに装着します。ところがこの大会に限っては、少し小さめのカード(番号はなくPREの3文字とナイキのシンボルロゴ、個人名のみ)が、まるであらかじめ選手のユニフォームにプリントされているかのように、ピタッと貼り付いているのです。
トラックの出場者でも、走高跳の選手のように前面だけの装着。したがって、この大会では選手のIDナンバーはありません。(腰ナンバーのみ)
考えてみれば、ナイキのお膝元ですから、そうした「大会ロゴと個人名をあらかじめプリントしたウエア」を契約選手全員に配布するくらいのことは簡単にできるでしょうが、少数派とはいえ他社契約選手やナショナル・ユニフォームでの参加選手には、そういうわけにもいきません。
テレビの画面越しによくよく見れば、どうやらウエアと同調する程度に柔軟な素材の布製で、ぴったりと貼り付けられているらしいことが伺えます。というか、そう解釈するほかありません。
それにしても、今どきの材質のウエアにあれほど密着して貼り付くとはどんな接着剤を使っているのか、またどの選手も綺麗に身体の真ん中に曲がることなく装着しているのはいかなるわけか、とても不思議です。

まあ。そうした大会にまつわる付加的なあれこれに思いを巡らせながらTV中継を視ているうちに、ふと気付くと随分な割合で大番狂わせが起こっていました。


オープニング・レースの女子400mHでは、昨年全米予選からリオ・オリンピックまで見事なシンデレラ・ストーリーを築いたダリラ・ムハマドが中盤からガタッとペースダウンし、5着に敗退。優勝は五輪3位のアシュリー・スペンサー(USA)。2着には前半飛ばしたシャミーア・リトルが粘りました。リトルはトレードマークのオヤジ眼鏡とおバカ・リボンをマイナーチェンジして、少し雰囲気が落ち着きましたね。ムハマドもロングヘアを束ねて、大人の雰囲気にイメチェンです。


ケニ・ハリソン、ブライアナ・ローリンズの2大女王が不在の女子100mHは、昨年鳴かず飛ばずだったジャスミン・ストワーズ(USA)が12秒59(+0.8)で快勝。キャスリン、アリの両メダリストは6着・7着に沈みました。

主役を200mの方に持って行かれながらもキャンベル‐ブラウン、アウレ、アイー、フェイシー、バートレッタといいメンバーの揃った女子100m(ポイント対象外)は、モロレイク・オカイノサン(USA)が大穴の優勝。記録は+2.1で10秒94。

そして男子100mでは、アメリカの23歳ロニー・ベイカーが9秒86(+2.4)で優勝。川崎で日本勢の後塵を拝したスー・ビンチャン(CHN)が9秒92で続き、公認の風速ならばPBを更新していたでしょう。
アンドレ・デグラス(CAN)は4着、第1戦ドーハで惨敗していたジャスティン・ガトリンはまたもや5着といいところなし。例年、DLでは絶対的な強さを見せつけながら本番の世界選手権やオリンピックでボルトの壁に敗れ続けてきたガトリンが、今季はスロー調整で8月のロンドンに合わせている過程なのか、それとも年齢的な衰えか、一過性の不調か、まだ判断はつきません。

さらに、この日のメインイベントと言ってもよい豪華メンバーによる女子200m。昨年のユージーンでもトンプソン、スキッパーズの2強をまとめてぶっ倒したトリ・ボウイが、今度は21秒77(+1.5)のPBで文句なしの快勝。400mチャンピオンの“ダイビング・フィニッシュ”ショーナ・ミラー‐ウイボが大外から2着に突っ込んで、「2強」は3着・4着と形無しでした。

41
 女子200mの1・2着はAdidas勢。

フィールドでも、女子走高跳はオリンピック・チャンピオンのルース・ベイティア(ESP)が4位に敗れ、2m03というハイレベルなレコードで勝ったのはマリア・ラジツケネ(旧姓クチナ。現在IAAFに承認されていないロシアのため国名はANAと表記。何の略号なのかは分かりません)。北京世界選手権の優勝者ですから番狂わせでもないんですが、今年のロンドンには出場可能なんでしょうか?

とどめは最終種目のバウアーマン・マイル(DL1500mカテゴリ)でアスベル・キプロプ(KEN)がなんと完走選手中最下位に撃沈。リオでの惨敗から、立ち直りの兆候は見えません。

ナイキ ランニングウェア レディース セット 4点( 半袖 Tシャツ ランニングパンツ タイツ ソックス ) 上下 女性 ウィメンズ おしゃれ かわいい NIKE ジョギング ウォーキング スポーツ フルマラソン 完走 初心者 福袋 春 夏
ナイキ ランニングウェア レディース セット 4点( 半袖 Tシャツ ランニングパンツ タイツ ソックス ) 上下 女性 ウィメンズ おしゃれ かわいい NIKE ジョギング ウォーキング スポーツ フルマラソン 完走 初心者 福袋 春 夏


中継はありませんでしたがユージーン大会は前日26日も一部種目が行われており、女子3000mSC(対象外)では世界記録保持者のルース・ジェベト(BRN)が3着と沈み、セリフィン・チェプティーク・チェスポル(KEN)が歴代2位の8分58秒78で優勝。ジェベトは昨年19歳でオリンピックと世界記録の頂点に立ちましたが、こちらはなんとまだ18歳。ジェベトも9分03秒で走っていますから決して不調だったわけでもなく、この種目が新たな局面に突入しっつあることを伺わせます。

また同じく26日に行われた女子5000mでは、ゲンゼベ・ディババが14分25秒22で圧勝。どうやら、今季は彼女の元気な走り、世界記録へのチャレンジが見られそうな予感です。

アプセット続きのトラックで無敵王者ぶりを発揮したのは、男子5000mのモー・ファラーと女子800mのキャスター・セメンヤ。ともに寸分の隙なし。
男子三段跳ではクリスチャン・テイラーが自己記録に迫る18m11(+0.8)のビッグジャンプで圧倒したかに見えながら、同門のウィル・クレイも18m05(+2.4)で追いすがり、リオに続く冷や汗ものの勝利となりました。

次回DLは6月9日のローマ大会。
桐生祥秀の次戦を「日本学生個人選手権か?」なんて書いてましたが、このDL第4戦にエントリーしているようです。楽しみですね。


DLローザンヌ大会にK.ハリソン登場!



リオ・オリンピックの観戦記も最後の方は息切れしちゃったといいますか、男子ヨンケイの快挙を見て「もういいや」みたいになっちゃいまして、そのまま休憩状態になっておりました。
それも束の間、もう明日の深夜(26日未明)には、スイスはローザンヌでダイヤモンドリーグ(第12戦)が再開されます。
ローザンヌのプログラムは次のとおり(ダイヤモンドレースのみ抜粋。カッコ内は主なエントリー選手)


18:00 男子円盤投(ハルティング兄弟、マラホフスキー、ウルバネク、ミラノフ、カンテルなど)
19:05 女子やり投(ヴィルジョエン、シュポタコヴァ、アンドレイチェク、シュトール、オーべルクフェルなど)
19:15 女子砲丸投(カーター、アダムズ、マルトンなど)
19:40 女子三段跳(イバルゲン、リパコワ、マモナなど)
― ここからTV生中継 ―
20:05 男子棒高跳(ラヴィレニ、バーバー、ケンドリクスなど)
20:12 女子3000m(G.ディババ、オビリ、チェロノ、テフェリ、ブルカなど)
20:20 男子走高跳(バルシム、ボンダレンコ、グラバーツ、キナード、トーマスなど)
20:35 女子800m(ニヨンサバ、ワンブイ、ビショップ、シャープ、サムなど)
20:53 男子400m(メリット、マクワラ、サントス、マッケイなど)
21:00 女子走幅跳(バートレッタ、スパノヴィッチ、クリシナ、オカグバレなど)
21:02 男子3000mSC(B.キプルト、ビレチ、P.コエチなど)
21:16 女子100m(E.トンプソン、タ・ルー、キャンベル・ブラウンなど)
21:25 女子400mH(ムハマド、ペテルセン、スペンサー、リトルなど)
21:34 男子110mH(マクレオド、オルテガ、バスク、オリヴァーなど)
21:43 男子1000m(セントロヴィツ、スレイマン、キプロプ、ケモイなど)
21:52 男子200m(マルティナ、エドワードなど)

なんだか、オリンピック後半の種目が多いような気もしますが、金メダリスト、あるいは金銀銅が揃って出場する種目などもあり、非常に楽しみです。
オリンピックが「復帰戦」となった感のあるゲンゼベ・ディババが3000m(DLでは5000mのポイント・カテゴリー)に出場予定。5000の主役を完全にアルマズ・アヤナに奪われてしまいましたが、まずはこの種目でマー軍団最後の世界記録(ワン・ジュンシャの8分06秒11)更新へ向けて、小手調べというところ。

また非DLレースの男子400mHには、ベット、コエチ、ツムティのケニア・トリオが登場。(20:03)
男子100mは41歳キム・コリンズに注目。(20:26)
そして女子100mHには、リオの表彰台独占に歯噛みする思いだったアメリカ勢、世界記録保持者ケンドラ・ハリソンをはじめ、クィーン・ハリソン、ドーン・ハーパー-ネルソン、シャリカ・ネルヴィス、ジャスミン・ストワーズと代表漏れオールスターが揃って出場。シンディ・オフィリ(GBR)、ミーガン・シモンズ(JAM)を交えてこの日最大の注目レースとなりそうです。

放送は25日(木)26時45分(26日2時45分)からCS日テレG+でLIVE。(後日再放送あり)
日本国内では、早くも9月の全日本実業団対抗で山縣・飯塚・ケンブリッジの「200m対決」が話題になっています。
オリンピックが終わっても、陸上競技のトップシーズンは続きます。目が離せません!

ナイキ NIKE レディース 陸上/ランニング ランニングシューズ ナイキ ウィメンズ エア ズーム ペガサス 33 OC 846328999 2977
ナイキ NIKE レディース 陸上/ランニング ランニングシューズ ナイキ ウィメンズ エア ズーム ペガサス 33 OC 846328999 2977

 

出たぁっ!女子100mH世界新!!



IAAFダイヤモンドリーグ第10戦・ロンドン大会Ⅰで、女子100mHに待望の世界新記録が誕生しました。

DLレースでは珍しく2組の予選から行われ、決勝にはアメリカからDLトップのケンドラ・ハリソン、リオ代表の3人(ブレアナ・ローリンズ、クリスティ・キャストリン、ニア・アリ)に昨年前半のエースだったジャスミン・ストワーズ、地元イギリスからは第一人者のティファニー・ポーターと七種競技のスーパースター、ジェシカ・エニス・ヒルなど、名だたるメンバーが9人並びました。

序盤に少しもたついた感のあったハリソンですが、中盤からはいつものように独擅場。5~6台目あたりでは一人だけ1メートル以上抜け出す圧倒的な速さとその後も崩れない安定感で、全米女王のローリンズ以下をぶっちぎってゴールを駆け抜けました。

この時、ハプニングがありました。
世界中の注目を集める画面上のタイマーが、明らかにハリソンのゴールの瞬間から少し遅れて「12:58」という数字で停止したのです。
ということは、フィールド内に置かれた電光表示板にも同じ数字が表れているわけで、好記録の感触を体感していたであろうハリソンは、しばらく「あら?」という感じで少し浮かない表情をしていました。
数秒後、場内に大きなどよめきが起こり、先に正式タイムを知ったアリに教えられて、ハリソンの顔が歓喜のそれに一変しました。やがて画面に出た数字は「WR 12:20」!風は+0.3、世界新記録です。 
05

今年の陸上界、これまで記録面での話題の中心はクリスチャン・テイラーでもアルマズ・アヤナでもなく、何といってもケンドラ・ハリソンでした。

5月28日にユージーンのDL第4戦で叩き出した12秒24は、1988年ソウル・オリンピックの直前に、そのオリンピックでも金メダリストとなるヨルダンカ・ドンコワ(BUL)が出した世界記録12秒21に0.03秒と迫るものでした。

女子100mHはここ数年、絶対女王と呼べる存在がなく、一時期その座に近づきかけたサリー・ピアソン(AUS)も故障で戦線を去って、次から次へと女王が移り変わる状況が続いてきました。その中で、今年に限ってはハリソンの速さと安定感は図抜けており、ダイヤモンドリーグでは出場全レースを圧倒的な大差で勝ってきています。
この先のDLレースで、あるいはリオ・オリンピックで、いよいよ28年間破られなかった大記録が破られるかもしれない…それは、あまり言いたくはないですが、当時の東欧選手によって打ち立てられたスプリント系・パワー系の種目の記録について回る「疑惑」を記録ごと洗い流してもらいたいという、陸上界の抱える悲願が一つ実現することへの期待感でした。

そのハリソンが、同じユージーンで行われた全米選手権でまさかまさかの6位に敗れてオリンピック出場権を失い、失意からの復帰戦として登場したのがこのロンドン大会。おそらく、このまま今年のDL戦線を独走状態で制することになるでしょう。
「実力ナンバーワンと衆人が認め、しかも世界記録を出したばかりの選手がオリンピックに出られない」
このことは、今後のアメリカの代表選考方式に論議の一石を投ずることになるかもしれません。「全米3着以外は問答無用」だったことが、将来もしかしたら変わることがあるかもしれない…それほどに大きな大きな出来事が、今日の世界新記録だったと言ってもよいでしょう。

【着後レビューでクーポンGET】楽天ランキング1位■KIREI BEACH■KB303■5点セット スイムキャップ ランニング マラソン スポーツ フィットネス水着 UPF50 ■レディース 水着/スポーツウェア/フィットネス■7S/9M/11L/13LL/15LL/17LL/19LL【送料無料】【あす楽対応】


感想(421件)


さて、今回のロンドン大会1日目の最大の注目は、ウサイン・ボルトの復帰レースとなる男子200mでした。
ジャマイカ選手権で100m決勝と200m予選をキャンセルし、こちらもハリソン同様本来なら「問答無用」に代表にはなれないはずのボルト。その実績により救済されたことは周知のとおりですが、今回のレースで万一故障再発、あるいは凡走に終わった場合にはその代表権を取り消される可能性もあるということ、そして何よりも本番での「2種目3連覇」へ向けて、状態はどうなのかを世界中が見守ったレースになったのです。

結果は19秒89で差をつけての優勝。
ゴール前は余裕というよりは、少し息の上がったようなところも感じられましたが、昨年の世界選手権と同様、どうやら本番のスタートラインには間に合うというところへたどり着いたようです。
もちろん、相変わらず猛獣ジャスティン・ガトリン(USA)が牙を研いで待ち構えていますし、今年は最大の難敵ともいえる同僚ヨハン・ブレイク(JAM)が戻ってきています。ボルトにとって、競技人生最大のピンチであることに変わりはなく、その答えの出るリオの100m決勝までは、あと3週間となっています。

59

 
ギャラリー
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
楽天市場
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ