豊大先生流・陸上競技のミカタ

陸上競技を見続けて半世紀。「かけっこ」をこよなく愛するオヤジの長文日記です。 (2016年6月9日開設)

2018年07月

不運な事故で済ませてはいけない…ドーピング禍の教訓


昨日から今日にかけて、当ブログの閲覧数がピョーン!♪と跳ね上がり、ビックリ仰天しているのでありますが、そのワケはと言いますと…。
検索キーワードすなわち、陸上競技のある女子選手名にあったようです。
なんたって、昨年までこの選手をイチ押しで応援してたブログなんて、他にないでしょうからね。

2018-07-20_LI

陸上界をお騒がせする「ドーピング違反で実業団駅伝優勝チームが失格」のバッド・ニュースが飛び込んできたのは、昨日のことです。
報道では該当選手の名前を明かしていませんし、相当陸上好き、女子長距離ファンの人でもないと、いったい誰が違反したのか見当もつかないでしょうけど。
優勝メンバーのうち「既に競技を引退」した選手といえば、該当するのはただ一人、私が大好きだったあの選手以外にはありません。
しかしねえ…それで閲覧数が増えるってのも、なんだかねえ。

ドーピングという行為は、欧米のように闇の販売ネットワークとアスリートの関係が切っても切れない「確信犯」の世界があるのと同時に、ここのところ日本でも取り沙汰されるように「知らず知らずのうちに犯していた」というケースも多々あります。ちょっと例外的なところでは、昨年1年間の出場停止を食らって今季戦線に復帰したブライアナ・マクニール(旧姓ローリンズ:女子100mH:USA)のように、「抜き打ちドーピング検査に対応できるよう居場所を明確にしておく」という義務に違反した、というようなケースもあります。

諸外国で“意図的な”ドーピングが後を絶たないのは、アスリートを追い回す闇のシンジケートによる「今度のは絶対にバレないから」という甘い囁きが止まないからだ、ということを聞いたことがあります。
ドーピング行為とADA(WADA=世界アンチドーピング機構を筆頭に各国に設けられているアンチドーピング機構)のせめぎ合いは、ある意味イタチごっこの様相を呈します。
たとえば現在も開催中の『ツール・ド・フランス』でかつて前人未到の7連覇を達成しながら、状況証拠を固められた結果最終的に本人が自白してそのすべてを抹消されたランス・アームストロング(USA)のケースのように、ADA(この場合はUSADA=全米アンチドーピング機構)の追及はあくまでも執拗で徹底しており、時として採取検体という物的証拠がなくても「御用!」となってしまうことがあります。
国家ぐるみの違反・隠蔽行為により、いまだに陸上界では国際舞台復帰がかなわないロシア陸連のケースも、生々しく思い出されます。
それでも違反者がなくならないのは、「(現時点では)絶対にバレない」薬物に助けられ、そうしたADAの執拗な追及を逃れきってスポーツ界に健在しているブラック・アスリートが、少なからず存在しているからだとも推察されます。

「確信犯」は禁止薬物による運動能力向上を狙っての行為ですが、「知らず知らず」は本人にその意思がまったくなく、摂取量も競技成績に影響するほどのことはない、というのが通例です。特に日本人選手の場合、「ドーピングは絶対悪」という認識が浸透しきっている上に、発覚した場合のリスクを重視する国民性(といいますか…)から、今のところ、少なくとも陸上競技で故意のドーピングをするアスリートは皆無と言っていいと思います。そうした日本人の特性は“闇”にもよく知られていますから、「悪魔の囁き」に追い回されるということも少ないようです。

しかし、古くは1990年代のトップ・スプリンターだった伊藤喜剛さんの例を持ち出すまでもなく、意図せず禁止薬物を摂ってしまう、あるいは他者によって“ハメられる”というケースは、将来を含めて十分に起こり得ることを、このニュースは改めて想起させてくれます。
ドーピングは故意であるか否かにかかわらず、行なってしまったことはあくまでも本人責任。「知らなかった」「そのつもりはなかった」では済まされないことであり、処分は致し方のないことです。(半年ほど前、カヌー選手が他者から「盛られた」事件がありましたが、本人にお咎めなしとの裁定については、私は「甘いなあ」と思っています。同様のケースで、中国のマラソン選手・孫英傑が競技生命を絶たれているのに比べて、ですが)
ひとつの教訓として、すべてのアスリートがこの件を真摯に受け止めてくれることを、願ってやみません。


「当該選手」によるコメントが日刊スポーツに掲載されていましたので、全文を引用させていただきます。ここに、経緯のすべてが語られていると思われます。くれぐれも、記事を斜め読みしただけで、「そうまでして勝ちたいか」とか「それで引退したのか」とか、ねじ曲がった感想は持たないでいただきたいと思います。
当該選手の痛恨の気持ちを受け止めて、ユニバーサルの選手たちが今年も「予選会」から元気に勝ち上がり、優勝争いを繰り広げてくれることを祈っています。

<7/19 日刊スポーツWeb記事より>

 昨年11月に行われた全日本実業団対抗女子駅伝で優勝したユニバーサルエンターテインメントの選手がドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していた問題で、ユニバーサルエンターテインメントは19日、当該選手のコメントを発表した。

 当該選手は意図的な摂取を否定し、すでに引退している。コメントは以下の通り。

「このたびは、私の不注意により日本アンチ・ドーピング規定に違反してしまったことにより、陸上競技を開催またご支援いただいている関係者の皆様、ファンの皆様、所属チーム、及びアンチ・ドーピング活動を推進しておられる関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしてしまいましたこと、深くおわび申し上げます」

 「今回の違反の経緯について、簡単にご説明させていただきます。本件について私が初めて認識したのは、日本アンチ・ドーピング機構から、クイーンズ駅伝2017終了後に行われたドーピング検査において、私の検体から禁止薬物が検出された旨の連絡を受けたときでした。しかし、私には、いわゆる『ドーピング』などというものは全く身に覚えのないことでしたので、連絡を受けた直後はすぐに事態を飲み込むことができずに混乱してしまいました」

 「私はこれまで何度かドーピング検査の対象になったことがありますが、違反したことは一度もありませんでした。私は日頃から市販薬やサプリメント等の服用もしておらず、また過去の検査では陰性であったのに、なぜ今回の検査では陽性となってしまったのか、その理由を考えた時、去年は婦人科系の疾患の治療のために通院していたということがあったため、それが理由ではないかと考えました」

 「そこで、治療をしていただいたお医者様に、これまでに私に投与または処方された薬の中に、禁止薬物があったかどうか伺ったところ、私のカルテを見たお医者様より、昨年9月末に1度だけ使用した注射の中に、禁止薬物が入っているとの指摘を受け、これにより違反の原因を把握したというのが事実の経過です」

 「私は今回の違反の指摘を受けるまで、疾患が婦人科系のものということで、なるべく自分の素性を伏せたい、また他人に知られたくないという気持ちがあり、お医者様に対して自分が競技者であることを伝えておりませんでした」

 「私は16年間にわたる選手生活の中で、通常の生活を送っていれば、まさかドーピング違反になるようなことはないだろうと思っておりましたが、競技人生の最後の最後で、このような事態を起こしてしまい、自分に競技者としての自覚が足りなかったと深く反省しております」

 「また今回の私の違反により、クイーンズ駅伝2017における所属チームの成績(総合成績優勝および区間成績)も失効することとなってしまい、所属チームのチームメート、スタッフ、またファンの皆様には大変申し訳なく、深くおわび申し上げます」

 「私はすでに陸上競技を引退しておりますが、クイーンズ駅伝2017における個人成績の失効及び1年3カ月間の資格停止という処分を重く受け止めるとともに、関係者の皆様に、あらためて深くおわび申し上げます」

横江里沙も帰ってきてた!


今年4月4日の当ブログをご覧いただいた向きには、「横江里沙、豊田自動織機を退部」の悲報にどれだけ筆者が落胆したかご承知でしょうが、その横江選手が所属も新たに「大塚製薬」となり、明日行われる『ホクレンディスタンスチャレンジ2018・士別大会』の5000mA組にエントリーしてきました!
横江里沙
(大塚製薬陸上競技部サイトより)

どうやら競技生活を断念するほどの故障や苦悩を抱えていたわけではないことに、まずはひと安心。5月の『徳島県選手権』はDNF、『関西実業団選手権』は16分35秒台とまだまだ試運転の域を出ませんでしたが、新谷仁美選手の復帰戦と時を同じくして6月9日に『徳島中長距離記録会』3000mに出場、9分21秒08で1位になっています。
『ホクレン』の5000mは、一昨年日本ランク2位となるPBをマークした(その時は網走大会)ゲンのいいレースです。今回のライバルは、堀優花・内藤早紀子・森田詩織・渡邊菜々美のパナソニック勢に、前回深川大会の10000mで好タイム(32分13秒87)で日本人トップとなったMGCコンテンダーの前田穂南(天満屋)あたり。

私は、横江選手の潜在能力は「新谷級」だと思っています。今の状態がどの程度のものかはまだまだ計り知れませんが、新天地での活躍を大いに期待して見守っていきたいと思います。

なお、士別大会には男子の大迫傑(NIKE.O.P.)が5000mと10000mのいずれかに出場すべくダブル・エントリー。こちらも注目です。

 

新谷仁美が帰ってきた!


さてさて、前回の「つづき」もアップしないわ、開幕した『U-20世界選手権』の記事も書かないわでまことに恐縮ですが、どうしても、睡眠時間を削っても書いておきたいことが起きたので、書きます。
あの新谷仁美が現役復帰、しかも復帰2戦目となった『ホクレンディスタンスチャレンジ2018』の深川大会で、5000mA組の日本人1位!タイムは15分35秒19!!
何とも嬉しいビッグニュースです。

実は新谷さん、6月9日に行われた『第264回日本体育大学長距離競技会』で3000mに出場し、吉川侑美(資生堂)に次いで9分20秒74で2位と、実に5年ぶりのレース復帰を果たしていました。
(常々この大会の結果をチェックしていながら、今回に限り多忙にかまけて見逃してしまったのは痛恨の極み)
今日行われた深川のレースでは、夕方の残照が照りつける厳しいコンディションだったように見受けられましたが、グレース・キマンズィ(スターツ)のハイペースに序盤は楽々と対応。日本勢でホネのあるメンバーはといえば、かつてのチームの後輩にあたる木村友香(ユニバーサル)くらいで、その木村のペースが落ちたと見るや一気に交わしてキマンズィを追いかける展開となり、自身も徐々にペースダウンしながらも日本勢の中ではダントツの2位でフィニッシュしました。
もちろんあの輝いていた5年前に比べればまだまだ、体つきを見ても仕上がり具合は50%といったところなんでしょうけど、全盛時には10000mを74秒ペースでグイグイと引っ張った姿を彷彿とさせる、72秒ペースでの序盤の走りは「さすが!」です。

『世界陸上応援グッズ』☆送料無料☆日本代表トラックジャケット【ASICS 417A00-JP29】

価格:15,000円
(2018/7/12 01:19時点)
感想(1件)


私にとっては、大、大、大好きなランナーでした。
走る姿の美しさはもとより、日本人らしからぬ(?)自信に満ち溢れた“男前”なレースぶりに、一目惚れでした。
ロンドン五輪で“JAPANトレイン”の機関車として存在感をアピールした後、翌年に東京・味の素スタジアムで行われた日本選手権を、私ははるばる茨城から実地観戦に出向きました。(本音を言うと、桐生祥秀の出現で「100m9秒台」の機運が大いに高まっていたので、そっち目的でもあったのですが)
ホーム最前列の席で見守る私(ちゃんとTVに映ってます)の目の前で、新谷は2位以下の全員を周回遅れにするという圧巻の独走劇を演じ、名実ともに福士加代子に取って代わる日本の長距離女王の座に君臨する実力を見せてくれました。
そして、2か月後のモスクワ世界選手権で見せた、9500mまでの果敢なフロント・ラン。最後に4人のアフリカ勢に先を越されたとはいえ、30分56秒70は日本歴代3位。
ロンドンから3戦続けて夏のレースで31分00秒前後のタイムで走り、高校時代以来の「大器」はようやく世界と亘り合うレベルの力を身に着けたのだと実感できるレースでしたが、レース後の新谷は泣きべそをかき、悔しさだけを露わにしていたものです。


このレースが新谷の現役生活にピリオドを打つものになろうとは、誰が想像したでしょうか?長距離ランナーとしてはこれから円熟期を迎える25歳という年齢からも、それは耳を疑うニュースでした。
自己ベストを出したレースをラスト・ランにするなど、前代未聞のこと。逆に言えばそれほどに、新谷にとっての故障との戦いと陸上を続けることのストレスは、深刻なものになっていたということなのでしょう。
早すぎる引退…それは私に、かつて世界選手権(1997年アテネ大会)10000m銅メダルを獲得しながらいったん引退を表明した千葉真子さんのケースを思い出させ、「新谷ももしかしたら、いつか…」と淡い期待を抱かずにいられませんでした。
千葉さんのケースは故障を理由の一つにはしていたものの、実情はチーム内の不協和に本当の理由があったらしく、後年小出門下から再出発することで第2の陸上人生を成功させたことはご存知のとおり。
新谷が復帰までに5年近くの歳月を要したということは、それだけ慢性的な故障の緩和(おそらく完治というわけにはいかないでしょう)とレースへの覚悟を決めるのに、時間がかかったということだと思います。

とにかく、この日は「新谷復帰!」の朗報を心から祝わずにはいられない気分です。
かつての力を取り戻す、あるいはそれ以上の高みを目指すところまでいけるかどうかは何とも言えませんが、現在の日本女子長距離界屈指の実力者・木村友香を難なくヒネってみせた走りは、十分にその期待を感じさせるものでした。
鈴木亜由子や鍋島莉奈(ともに日本郵政G.)、松田瑞生(ダイハツ)、福田有以(豊田自動織機)などの一線級とのトラック勝負も楽しみな一方、できればマラソンで、彼女が世界を敵に回すところを見てみたいものだと思います。

2018シーズンのここまで~国際編


更新をサボってる間にすっかり夏になりました。(今日は台風の影響で肌寒い一日ですけど)
そうこうするうちに日本選手権も、同時期に全米ほか世界各国で開催されていた国内選手権も終わり、いつもなら詳細なレポートを書いているのにと忸怩たる思いです。第1戦・網走大会が行われた『ホクレン・ディスタンスチャレンジ2018』の模様なども書きたいところですが…。
『IAAFダイヤモンドリーグ』も、折り返しを過ぎて第8戦のローザンヌ大会までが終ったところです。今回は、そのDLの話題を中心に、今年の陸上界・国際情勢について簡単にまとめてお茶を濁したいと思います。

◇驚異のニューカマー:男子400mH・A.サンバ
まず、今季最も陸上界を席巻している存在として、男子400mHのアブデルラーマン・サンバ(QAT)を挙げておきましょう。
DL第1戦のドーハ大会を47秒57のPBで勝った時には「地元の利か」程度に受け止めていたのですが、その後の快進撃についてはご承知のとおりです。6月30日のパリ大会では、とうとう世界で2人目となる46秒台の世界へと突入してしまいました。
今年はDLの前半戦にこの種目が連続して組み込まれており、昨日のローザンヌ大会までに6戦を消化してあとはファイナルを残すのみとなっています。全戦に出場したサンバは、全勝で48ポイントを獲得。
※今季のDLは昨年と同様、各種目4~6戦の合計ポイント上位8名または12名がチューリッヒまたはブリュッセルで行われる「ファイナル」に進出し、そこでの優勝者が年間ツアー・チャンピオンとなります。

サンバの強烈な台頭の影響をモロに被ったのが、昨年躍進して世界王者にまで上り詰めたK.ワルホルム(NOR)。全6戦中、5回まで直接対決してそのたびに直線でサンバに水を空けられるという屈辱の連続で、自身もPBを47秒41にまで上げながら、今のところまったく歯が立ちません。
この他ではY.コペリョ(TUR)が3位の常連ながら記録は48秒台と、サンバ・ワルホルムにはちょっと差を付けられています。パリ大会でワルホルムに先着したK.マクマスター(IVB)は次のローザンヌで故障発生でした。K.クレメント、B.ジャクソン(ともにUSA)といった過去のスターたちは、外側のレーンに追いやられる存在となってしまっています。

さて、サンバ一色に塗り潰されているかのように見える男子ヨンパーですが、実は今季の世界ランク2位にいるのがライ・ベンジャミン(ANT)という選手。6月8日にマークしたタイムは何と47秒02!サンバとは0.04秒の差しかありません。
南カリフォルニア大学の学生ベンジャミンは、パリ大会で初めてDLに参戦しましたがこの時の種目は200m、しかもポイント対象外レース。ここで19秒99といきなりPBを大幅に破り、続くローザンヌでも4位に食い込んで初ポイントをゲット、只者ではない存在感を示しました。
いまだ400mHでのDL出場はなく、したがってファイナルの出場権もありませんので、サンバとの直接対決は来年まで見られそうにありません。今年は世界大会がないのが、何とも残念!せいぜい、来月のアジア大会でサンバの雄姿を堪能しようと思います。
来年の世界選手権では、この22歳と20歳(現在)の超新星どうしの、“世紀の対決”が見られることを楽しみにしましょう。もちろん、サンバと同じ22歳のワルホルムの巻き返しにも期待です。

◇“ネクスト・ボルト”は誰だ??
昨年引退したウサイン・ボルト(JAM)に代わる男子スプリント界のニュー・ヒーローとして、その候補者が続々と名乗りを挙げています。
その筆頭は、2年前のU-20世界選手権100m優勝のノア・ライルズ(USA)。200mで2度にわたり19秒69、100mでも全米選手権で9秒88と、いずれもWLタイ記録です。
対抗するのが、100mではDL2戦2勝のロニー・ベイカー(USA)。パリ大会ではライルズに並ぶWLの9秒88で走り、対象外レースのユージーン大会では追風参考(+2.4)で9秒78。
200mでは先に紹介したベンジャミンの同僚、マイケル・ノーマン(USA)、こちらは2016年U-20の200m優勝者ですが、パリ大会(対象外)に19秒84(-0.6)のPBで鮮烈なDLデビューを果たしました。
ただ、ベイカーは全米で、ノーマンはDLローザンヌでライルズの後塵を拝しており、今のところ“ネクスト・ボルト争い”はライルズが一歩リードの感ありです。

スプリント界で特筆すべきは、日本短距離界最大のライバル、中国勢の大躍進です。
スー・ビンチャンが2度にわたって9秒91のアジア・タイ記録を叩き出しただけでなく、シェ・チェンイェも9秒97、200mではGG大阪で20秒16を出して日本勢を圧倒しました。
スーはもはや、「9秒台」に浮かれる日本スプリント界を差し置いて一段上のステージに上がってしまった感じですし、シェの200mでの強さはリレーを考えた場合の脅威です。アジア大会の両種目では大きな壁となって立ちはだかるだけでなく、もう2枚、駒が揃ってくると400mリレーも安泰とは言えなくなってくるかもしれません。


◇女子短距離は戦国時代か?

男子の短距離は新旧交代真っ最中の混沌状態ですが、一方の女子はというと、去年までの“女王”に精彩がなく、下剋上の戦乱模様といった様相です。
本来「2強」的存在だったエレイン・トンプソン(JAM)、ダフネ・スキッパーズ(NDL)ともに元気なく、代わってシーズン序盤の主導権を握ったのがマリー・ジョゼ・タルーとミュリエル・アウレのコートジボアール・コンビでした。特に昨年まで4、5番手の位置にいたタルーは100、200ともに安定したパフォーマンスで勝利を重ね、今季の“女王”と呼べる存在に近づきつつあります。
ただ、ここへ来てディナ・アッシャー-スミス(GBR)が調子を上げてストックホルムではDL初勝利を挙げ、タイムも10秒92でランキング5位と、トップを伺う勢い。またDL未参戦ながら全米を制したアライア・ホッブス(USA)が10秒90を筆頭に10秒台を7回もマーク、これも不調のトリ・ボウイに代わるアメリカのエースとして台頭してきています。

全般的に、今季の女子短距離は主役不在の戦国時代に入っているようです。

ロング・スプリントの方では、これまた主役を演じるはずのショーナ・ミラー-ウィボ(BAH)が200、400ともに1回ずつしかDL出場がなく(いずれも優勝)、400mではそのミラーがゴール前に急失速して波乱となったロンドン世界選手権で2位に飛び込んできたサルワ・エイド・ナセル(BRN)がDLで連戦連勝。ロンドンで金メダルに輝いたフィリス・フランシス(USA)をまったく寄せ付けない強さを発揮しています。
男子400mHのサンバとともに、アジア勢としては今季最も注目されている新星ということになります。

◇男子LJにも超新星現る!
昨年の世界選手権で男子走幅跳チャンピオンに躍り出たルヴォ・マニョンガ(RSA)。今季も8m56、8m58とハイレベルな記録でDLを連勝し、いよいよマニョンガ時代の到来かと思わせていた矢先、ローマ大会でそのマニョンガに5㎝差に迫ったファン・ミゲル・エチェヴァリア(CUB)が、ストックホルム大会で+2.1mの追風参考ながら8m83の大記録でマニョンガを破って優勝、一気に主役の座を奪ってしまいました。
さらにエチェバリアは、ストックホルムの3日後にはチェコで8m60(+1.0)、30日にはドイツで8m68(+1.7)と相次いでPBを更新。1か月後にようやく20歳となる若者が、かつて1990年代に世界記録を脅かし続けたイヴァン・ペドロソ(CUB)の再来と言われるまでの存在になりました。
遂に、積年の夢であった「9m」への扉が開かれる時が近いのか…久しく低レベルな優勝争いが続いてきた男子走幅跳ですが、今やまったく目が離せない大注目種目です。

(つづく)



ーー2018IAAFダイヤモンドリーグ日程ーー

 5/4 ドーハ大会「ドーハ・ダイヤモンドリーグ」 (QAT)
 5/12 上海大会 (CHN)
 5/25-26 ユージーン大会「プレフォンテイン・クラシック」 (USA)
 5/31 ローマ大会「ゴールデン・ガラ ピエトロ・メンネア記念」(ITA)
 6/7 オスロ大会「ビスレット・ゲームズ」 (NOR)
 6/10 ストックホルム大会「バウハウス・ガラン」 (SWE)
 6/30 パリ大会「ミーティング・ド・パリ」 (FRA)
 7/5 ローザンヌ大会「アスレティシマ」 (SUI)
 7/13 ラバト大会「モハメド4世記念陸上」 (MAR)
 7/19 モナコ大会「ヘラクレス」 (MON)
 7/21-22 ロンドン大会「ミュラー・アニバーサリー」 (GBR)
 8/18 バーミンガム大会「ミュラー・グランプリ」 (GBR)
 8/29 チューリッヒ大会「ヴェルトクラッセ・チューリッヒ」 (SUI)
 8/30 ブリュッセル大会「AGヴァン-ダム記念」 (BEL)

ギャラリー
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
楽天市場
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ