豊大先生流・陸上競技のミカタ

陸上競技を見続けて半世紀。「かけっこ」をこよなく愛するオヤジの長文日記です。 (2016年6月9日開設)

2017年02月

青梅マラソンのこと…



『第51回青梅マラソン』は、一般参加のチェポティピン・エゼキエル(東邦リファイン)が1時間30分49秒で優勝。ギザエ・マイケル(スズキ浜松AC)が2位に続き、注目の神野大地(コニカミノルタ)は1時間31分33秒で、昨年覇者の押川裕貴(トヨタ自動車九州)を振り切って日本人1位(総合3位)は辛うじて確保しました。狭くアップダウンの多い青梅街道に1万人以上がひしめくこのコースは記録が出にくいことで知られるとはいえ、2週前の『香川丸亀国際ハーフマラソン』に比べると少々物足りないタイム、ということになりそうです。
女子は期待の鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)が5kmを過ぎて途中棄権。『選抜女子駅伝北九州大会』でアンカー逆転劇を演じた走りはどうやら本物ではなかった模様で、故障再発が懸念されます。
先週の『全日本実業団ハーフマラソン』を見事なスパートで快勝した宇都宮亜依(宮崎銀行)の双子の妹・亜未(キヤノンAC九州)が1時間46分24秒で優勝。エリートランナーは鷲見と2人だけの出場だったため当然の結果ですが、またまた楽しみな双生児ランナーが出てきたという感じですね。

なお、同日に行われたこれまた伝統の大会・熊日30kmロードレースでは、上野裕一郎(DeNA)が1時間30分17秒の好タイムで2位以下を1分以上ぶっちぎり。もちろん一概には比較できませんが、遠く離れた場所で走った神野に「勝った!」と言える内容だったようです。
高校時代から将来を嘱望された上野も30歳を過ぎ、「箱根黄金世代」の数少ない生き残りという立場。しかしこの1年ほどの充実ぶりには目を瞠るものがあります。マラソンへの再挑戦に、期待しましょう。

■36年前の『青梅』
私が『青梅マラソン』に出場したのは、1981年の第15回大会。大学卒業を目前に控えてのいわば「記念行事」といったノリでの参加でした。
今でこそシーズンともなると、同じ日曜日に全国で何十という市民ロードレースが開催されていますけど、当時は一般ランナーが気軽に出られる大会などほとんどなくて、あっても多くはフルマラソン大会。スチャラカ陸上部員だった高校生の頃にも10km以上走ったことなどまずない私らにとって、それは少し荷が重い、ということで、中学から高校までの陸上部仲間であり大学でも同じサークルで過ごした親友のY君(専門は短距離・走幅跳)とともに、「卒業記念」としての青梅完走を目指すことになりました。

当時「日本一の市民レース」を標榜していただけあって、往復はがきでの参加申し込みは確か 1日か2日で定員(30kmの部は10000名)到達。私たちは申し込み受付開始日の前日に速達ではがきを出したので事無く出場が叶いましたが、その翌年あたりからは今の東京マラソンなどと同じように抽選方式になったはずです。それほどに、市民ランナーの人気を一手に担うという大会でした。

当時、参加者が10000人にも及ぶという大会は、他にありません。
その青梅マラソンが、「世界で初めて採用した」という自慢の装置が、ビデオによる順位・タイム判定機器です。つまり、ゴールインするランナーの映像を後から解析して、全完走者の着順とタイムを判定していく、というものです。このため、参加申し込み後に送られてきた書類の注意事項には、「ゴールの際には両手を下げて、ゼッケンが映るようにしなさい」てなことが書かれていました。
まあ時間も人件費も半端なくかかったんじゃないかとは思いますけど、10000人規模のレースの着順・タイムを判定するのに、当時としては最新鋭の技術だったんですね。こんにちの市民レース全盛は、その後に開発されたランナーズチップの普及なくしてはあり得ないものだった、ということがよく分かります。
青梅マラソンがランナーズチップを採用するのは、2000年の第34回大会からです。

■あのレジェンドが緊急参戦!
1967年の第1回大会には東京オリンピックの銅メダリスト・円谷幸吉さん(翌年自殺)が出場したのをはじめ、その後も宇佐美彰朗さん、澤木啓祐さん、山田敬蔵さん、海外からはゴーマン美智子さんやビル・ロジャースさんなど、錚々たるトップランナーも駆け抜けた、今ならIAAFゴールド・レーベル級の大会。
そして、私たちが出場した第15回大会には、前年のモスクワ五輪銀メダリストのヘラルド・ナイブール(オランダ)が招待され、ミュンヘン五輪代表の采谷義秋さんも、すでに全盛期は過ぎていたとはいえ当時のマラソン・ファンにとっては憧れのスター選手の一人として出場してきました。

さらに驚いたことには、大会前日になって、あの瀬古利彦さんが緊急参戦するとの発表!
瀬古さんは私たちよりも1つ年長で、この時は前年に早稲田を卒業してヱスビー食品入社一年目の24歳。モスクワには不運にも出られなかったとはいえ、福岡国際マラソンでそのモスクワ優勝者(前回のモントリオール大会から2連覇)のワルデマール・チェルピンスキー(東ドイツ)を一蹴して3連覇を達成したばかり。この年の春に出場予定のボストン・マラソンへ向けての調整レースとして、実業団ロード(当時はハーフではなく30km)でも熊日でもなく、青梅のタフなコースを選んだのでした。(2か月後のボストンでは当時「世界最強」と言われたビル・ロジャースを破って優勝)
距離こそ30kmですが、ここでナイブールを破ればモスクワの金・銀を連破したことになって、いよいよ「事実上世界一」の称号が近付くことになります。
そんな瀬古選手と同じレース、同じコースを走る!…自宅が遠い(茨城ですから)ためにY君宅に泊まり込んで早めに布団に潜り込みながら、ほとんど一睡もできないほどに心は騒ぎ立っていました。

■“世界の瀬古”とすれ違った!
いよいよレース当日。寝不足もいいところなのに、不思議と眠気もなく身体は軽く感じます。
Y君と数日前に買い揃えたランシャツ、ランパン、シューズ(アシックスの「マラソン・ソーティ」)に身を包み、1万人の群衆の中の一人となって、遥か前方のスタートラインで鳴らされる号砲の音も聞こえないまま、周囲がワサワサっと動き出すのに合わせてスタート。後で知ったのですが、この頃の青梅では危険防止のために「ローリングスタート」方式をとっていて、先頭のランナーたちから順に合図を受けてゆっくりとスタートラインに向かって歩き出した上で、ピストルが撃たれていたのだそうです。
すぐに気付いたのは、スタート付近の街角の電柱に、どれも大きな布団が巻き付けられていたこと。ひしめき合うランナーがぶつかって怪我をしないようにとの、地元住民の方々の温かい心遣いでした。

当時、専門に陸上をやっていたわけでもない私は、キロあたり5分前後のペースで5kmから10kmくらいを走るという、ただそれだけの練習を、しかもその年が明けてからようやく毎日やっていただけでした。
実は、当時の青梅マラソンには、「30kmで2時間30分以内」というタイム制限が設けられていました。今思えば市民ランナーにとっては相当に高いハードルのタイムです。つまりはキロ平均で5分以内。スタートでのロス(この時は2分10秒ほどありました)を考えれば、それ以上に速いペースで行かなければなりません。とりあえずは、キロ5分で何事もなく5km、10kmを走っておけば、後はどうにかなるだろうと、その程度の考えでレースに臨んでいたわけです。大会の数日前には15㎞を1時間13分ほどで走って余裕がありましたから、自信はそこそこあったんですね。
ところが、最初の5kmを通過した時に時計を見ると、長丁場に備えて楽に走っているつもりなのにキロあたりのペースは4分半ほど。これには驚きました。いざレース本番となった時のアドレナリンと、人の壁による空気抵抗の軽減によるんでしょうかねえ、とにかくきわめて快調に走り始めたわけです。

コースは、ゴール付近を除けば片側1車線の青梅街道をひたすら走り、15㎞付近の川井という所で折り返す1本道の往復コースです。全般に往路は登り勾配になる中で、7~8kmの軍畑(いくさばた)というあたりにかかると、かなり急な下り坂があります。ここで調子に乗ってさらにペースが上がり、5kmラップは21分台に跳ね上がりました。後で思えばこれが命取り、帰りの同じ場所で、壁のように立ちはだかる登りにパッタリと脚が止まってしまうことになります。
それはともかく10kmを過ぎてほどなく、11.5kmくらいの地点だったでしょうか、前のほうが何やらザワついてきたなと思うと、白バイのパトランプがまず視界に飛び込んできて、それに導かれる鮮やかなカナディアン・レッドのユニフォームが、まさに風のようにこちらへ向かってすっ飛んできます。
瀬古選手でした。
狭い街道の左側を立錐の余地もないほどにひしめき合っている一般ランナーたちが、次々にセンターライン際に寄り、中にはラインをはみ出す者もいて、瀬古選手に声援を送り、拳を振ってミーハーな応援を繰り出していきます。私も思わず、「セコ、負けるなよ!」とか何とか、叫んでおりました。
ところで瀬古選手とすれ違ったのが11.5km付近…ということは、この時点で私は約7kmも離されていたわけです。「世界の走り」を同じ空気の中で体感するという、得難い経験をさせていただきました。

この大会での瀬古選手は「オープン参加」の扱いで、そのままぶっちぎりのトップでゴールインしたのですが、記録上の優勝者はナイブールで1時間32分34秒。瀬古のタイムは1時間29分32秒。オリンピック銀メダリストに、30kmで実に1㎞もの差をつけての圧勝でした。この記録は「大会記録」として扱われることはありませんでしたが、いまだに青梅マラソンの「コース・レコード」として、36年経った現在でも破られていません。

■市民レース初体験の結果は?
瀬古選手がゴールした頃、私はといえばたぶん20kmに達していたかどうか。その直後に待ち構えていた軍畑の登りに完全KOされ、女性ランナーにも次々と抜かれていく始末でした。曇り空の寒い日でしたが、ラスト5kmあたりからは身体が熱を発しなくなり、走っていながら寒さに震えるという後にも先にも経験したことのない状態を味わいました。完全なエネルギー切れです。
それまでのレースや練習での経験なら、「ラスト1㎞」の標識が見えれば再び元気が出ても良さそうなところ、まったく脚が上がらない状態のまま、這うようにしてゴールイン。
それでも前半の貯金がモノを言って、タイムは何とか制限時間をクリアして2時間21分21秒。順位は3000位を少し超えるあたりでした。陸上の現役を離れて数年、たった1か月半のトレーニングで未知の距離に挑んだにしては、上々の結果だったと言えるでしょう。ま、若かった、の一言に尽きますね。
何よりも、あの瀬古選手とレースを共有できたこと、長距離ランナーが必ず味わう苦しみや心境の一端を垣間見る経験ができたことは、私にとって大きな財産となりました。まだレース経験のある市民ランナー自体が現在の十分の一もいないような時代でしたから、「30kmのレースに出た」というような一般人はちょっと珍しがられて、しばらくは話のネタが尽きませんでしたしね。

>アシックス asicsランニングシューズ マラソンシューズ メンズライトレーサー RS5TJL432スピード重視 軽量

価格:8,070円
(2017/2/20 23:30時点)
感想(0件)


■隔世の感、あれこれ
当時はもちろん、ゴールしてすぐに綺麗なデザインでプリントアウトされた記録証を渡される、なんてことはありません。前述のような「ビデオ判定装置」による膨大な事後作業があって、1カ月ほどしてハガキの裏面に印字された「あなたの成績」なるものが郵送されてきて、それを予め配布されていた台紙に糊でペタリと貼り付けると、立派な記録証の出来上がり、というものでした。
ちなみに、一緒に走ったY君は、もともとスプリンターですから制限時間内での完走などはハナから望むべくもなく、約3時間半かかってのゴールでしたが、それでも途中でゲートアウトされるようなこともなく、成績表もちゃんと送られてきました。どうやら「2時間30分以内」というのは、多すぎる参加希望者に少しでも歯止めをかけるための、単なる“脅し”だったらしいです。

もう一つ。レース後しばらくして、大会関係だという見知らぬ会社から送られてきた郵便物がありました。中を見ると、レース中のランナーを写したベタ焼き写真(フィルムサイズのままプリントした小さな見本写真)が同封されており、「あなたが写っている写真があります。大きいサイズをご希望ならば、1枚いくらで…」といったご案内が。
当時は「ゼッケン」と呼んでいたナンバーカードから個人を割り出して、写真を売りつけるという商売が、そんな昔からあったんですね。とうぜん、そうした個人情報を得るためには大会本部に承認された会社でなければなりませんから、さほどあこぎな商売をしていたわけでもないでしょうが、それにしても世の中には頭のいい奴がいるもんだな、と感心しました。オールスポーツさんあたりも、もとはこうしたところから現在の地位を築き上げたのかもしれませんね。
肝心の写真のほうは、ナンバーの一部が隠れていて残念ながら「人違い」。私が自分の“雄姿”をキャビネサイズで手に入れるのは、7年後に出場した第22回大会でのことになります。

■三十路での再挑戦
その後、社会人となった私はますますランニングからは縁遠くなっていきますが、まだまだ若者意識はたけなわで、仕事の合間を縫うようにテニスにサッカーにスキーに、と身体をなまらさない程度のスポーツにはせっせと参加していました。
青梅には何とかもう一度出てみたいとは思いながら、何度か応募した往復ハガキはことごとく「はずれ」の返信ばかりで、ようやく「当たり!」が届いたのは、レースの頃にはとうに三十路を迎えているという1988年の第22回大会でした。
今度の目標は、前回往路までは楽にこなせたキロ4分半のペースで押し通し、2時間15分を切ること。さあ、気合入れて走るぞ!…という決意もむなしく、またもや本格的なトレーニングは年明けからの1か月半のみ。相も変わらず30kmを舐め切ったまま、レース当日を迎えてしまいました。今回は単身での出場。たまたま会社の先輩の自宅が河辺駅の近くだったので、そこをベースキャンプに利用させていただきながらの参加です。

前回の教訓を糧に、当日朝は先輩氏の奥様に餅をたくさん焼いていただき炭水化物を大量摂取。手にはブドウ糖の錠剤を握りしめてのスタートです。今度は騙されないぞ、とばかりに慎重に、軍畑の下りをゆっくり、そーっと駆け降ります。そして復路の軍畑に差し掛かっても、前回のように脚が止まることもなく、25kmでは目標に少し遅れるだけの好ペース。まだ余力もあり、これは最後ビルドアップすれば15分切りも夢じゃない、と勇んだところに思わぬ落とし穴が。
ご存知のように、青梅マラソンでは大会で用意した給水所以外に、地元住民の皆さんのご好意による「私設エイド」があちこちに出ています。その一つで何気なく、美味しそうなリンゴを一切れ貰ってモグモグと食べた途端、急に脇腹に強烈な痛みが起こりました。私はもともと脇腹痛を起こしやすいほうだったので、給水なども控え目に抑えながらレースを進めていたのですが、ここへ来てとてもまともに走れないほどの差し込みに悶絶!とうとう最後の5kmは26分以上もかかってしまい、ゴールタイムは2時間20分40秒。前回の記録を僅かに更新しただけに終わりました。(まあ、今の私からしますと、5kmを26分というのも夢のような速さなんですけど)

結局のところ、青梅を走ったのも、30kmというレースに出たのも、この2回だけ。2時間20分40秒が、私の30kmパーソナル・ベストになりました。
30歳での挑戦以降、私はプッツリと走ることを辞めてしまいました。多摩川の瀬音が心地よい青梅街道はクルマで何十回も行き来しましたが、それはその後に目覚めた趣味の「渓流釣り」に行くためでした。
そんな私も、50歳を過ぎて体力、特に脚力の衰えをひしひしと感じるようになって、ようやくまたランニングを再開しました。ここのところは少しやっては長期間サボり、の連続ですが、いつか、もう一度あの青梅街道を走れる日を迎えられたらいいな、と心の片隅で思ってはいます。

競歩を考える



すっかりご無沙汰こいてしまいました。
前々週、前週と、ハーフマラソンのビッグイベントが2週続いたのですが、注目選手がIAAFシルバーレーベルの『香川丸亀国際』に集中したこともあり、『全日本実業団』のほうはいまいちパッとしませんでしたね。このあたり、以前にも日本マラソン界・長距離界の行く末を考える中で言及しましたが、日本陸連を筆頭とする組織のリーダーシップによって、もう少し競技スケジュールなどの整備に力を入れてもらいたいものだという気がします。マラソン、駅伝、ハーフマラソンのそれぞれの大会に、もっとしっかりとした権威付けやランク付けをすることによって、選手の目標意識を切り拓く努力をすべきではないでしょうか。
ま、このあたりは私なりにもう少し整理をした上で、そのうちにある種の提案をしてみたい、とは考えておりますです。

さて、今週はメジャーなロードレース大会がない…わけでもなくて、注目の『第100回日本選手権20km競歩』が、神戸市の六甲アイランド甲南大学周辺コースで開催されます。
他にも、市民レースの草分けとも言える『第51回青梅マラソン』があり、男子は神野大地(コニカミノルタ)、女子は鷲見梓沙(ユニバーサルエンターテインメント)などの走りが大いに注目されるところ。実は私も大昔に出場したことのある思い出深い大会ですので、これについては稿を改めてお話ししたいと思います。

競歩01

『日本選手権20kmW』には、故障中の世界記録保持者・鈴木雄介(富士通)、リオ7位入賞・松永大介(東洋大) の出場こそありませんが、昨年世界ランク1位の高橋英輝(富士通)、2位の藤澤勇(ALSOK)、2013年世界選手権6位の西塔拓己(愛知製鋼)、さらには50kmの両メダリスト・荒井広宙と谷井孝行(ともに自衛隊体育学校)や森岡紘一郎(富士通)、ロンドン世界選手権代表に内定している小林快(ビックカメラ)、日本記録保持者・山崎勇喜(自衛隊体育学校)など、女子ではリオ代表の岡田久美子(ビックカメラ)などが日本タイトルに挑みます。
今や陸上界では日本勢のレベルが最も世界に近い、しかし相変わらずマイナーのイメージを免れないカテゴリー。今回も残念ながらTV中継はありません。レース時間が4時間にも及ぶ50kmはともかく、女子でも1時間半で収まる20kmはTVの素材としてはなかなか面白いと思うのですが、大会協賛もアシックス1社とあっては、TV放送などは夢のまた夢でしょうね。 

競歩のマイナー性というのは、競技人口の少なさやランニング・レースに比べての地味な印象などにも起因するのでしょうけど、私はもっと根深いところに大きな理由があるのではないかと、常々考えています。
それは、現行の競歩がルールと紙一重の極めてグレーなゾーンで実施されていることへの、何とも言えない“違和感”に根差しているのではないか、と思うのです。

滅多にTVで取り上げられることのない競歩がオリンピックや世界選手権で放送され、初めてこのカテゴリーのレースを目にすることになった人がまず吹き込まれるのが、
「両足が同時に地面から離れることがあってはいけない」(ロス・オブ・コンタクト)
「接地した脚が地面に対し垂直の状態になるまで膝を曲げてはいけない」(ベント・ニー)
という「競歩の2大忌諱」と、それについての審判・罰則方式についての説明です。
ところが、そうして得た知識をもとに競歩を見始めた人の多くが、すぐに大きな「???」を抱えてレースを見ることになってしまいます。
なぜなら、レースを競う選手のほとんどが、素人の目で見ても瞬間的に両足を宙に浮かせ、また膝を伸ばし切っているんだかどうだか判らない姿勢で歩いていることに、気付いてしまうからです。


素人の目で見ても、と書きましたが、実際にはリアルタイムで見る競歩のフォームでは、「あれ?」と思ってはみても人間の目で「ロス・オブ・コンタクト」の瞬間を見極めることは困難です。ただ、現代では素人であってもビデオ映像で確かめるということができてしまうので、その瞬間を確認することは容易です。本当に、特に20km以下のスピードレースやスパートの局面では、ほとんどの選手がこの反則を犯しながら“歩いて”いることが分かります。
「ベント・ニー」のほうはと言いますと、そもそもいっぱいに脚を伸ばした状態でも外見上は膝が曲がっているように見える人はいくらでもいますから、これまた人の目視による判断は極めて難しい動作、と言えるでしょう。

ところが、TVでも陸上競技の専門誌などでも、その点に敢えて触れよう、問題提起しようといったことは、まずありません。おそらく犯されているであろう反則を容認しながら、審判員というプロの目視で判断して初めて「反則」が宣せられる…それがこんにちの競歩というレースの在りようなのです。
陸上界では「それでやるしかしょうがない」と常態化してしまっているこの事実が、ふだん競歩を見ることのない“素人”であればあるほど、強烈な違和感をもって目に飛び込んでくるわけですね。

また競歩のレースは、ロードであれば概ね1㎞から2kmの往復または周回コースを何度も行き来しながら行われます。これは、マラソンのような長いコースを設定すると「歩型審判員」を何十人も配置しなければならなくなってしまうためです。往復2kmとはいっても、その間に配置される審判員はロードの場合で僅か6名から9名、つまり審判一人一人の間には100m以上もの間隔が空くことになります。そして、たとえば100人が出場するような大きな大会であれば、1人の審判がのべ数千人分の判定をしなければならないことになります。
まさか、トップクラスの選手が審判の目の前に来るたびに歩型を修正するなどの小技を弄しているとは思いません(ま、多少は意識するんでしょうけど)が、審判の目が届かないゾーンが非常に多くあるというのも確かです。このこともまた、「人力による判断」の限界を悠に超えている、という印象を持ちます。
こうした、「限りなくブラックに近いグレー」な競技進行ぶりが、競歩を一般に馴染ませない大きな原因の一つになっている、と言えるのではないでしょうか?

>ニシ・スポーツ (NISHI) 競歩警告用円板 F1030 [分類:陸上競技 トラック・フィールド用備品] 送料無料【05P03Dec16】【P03Dec16】

価格:9,720円
(2017/2/19 09:02時点)
感想(0件)


とはいえ、ではビデオ判定を導入してより厳格な競技運営をしよう、ということにでもなれば、今までの競歩はほぼ「全否定」される結果が目に見えていますから、なかなかそういうわけにもいきません。選手をはじめコーチなどの選手側関係者、審判員をはじめとする運営側関係者など、競歩に関わる全員が、
「本当は反則しながら歩いてるんだけど、この程度なら仕方あるめえ…やれやれ、つくづく因果な商売だぜ…」
と承知しながらも粛々と営まれているのが、現行の競歩レースなのです。

そうした理不尽さやジレンマをよぉ~く理解したうえで競歩のレースを見ることができるようになれば、その面白さが味わえると思います。ちょっと考えてみれば、人間社会の営みなんて、そんなことだらけなんですから。(たとえば日常的にクルマの運転をしてて、あるいは歩行者として歩いてて、本当に交通規則に全く違反せずに過ごしている人がいますか、って話ですよ)
特に長丁場の50kmレースなどは、オリンピックなどでもTV中継がされるようになったのは日本選手が上位を狙えるレベルになってきた、ごく最近の大会からです。陸上観戦歴半世紀以上の私なども、まだいくつかのレースしか見たことがありません。ようやく「初心者」の域を脱して競歩の面白さが分かりつつある、とうところです。
マラソンなどのランニングレースに比べても、戦略性や展開のアヤが複雑な、たいへん面白い競技だと思います。何とか、競歩を覆うマイナー・イメージが払拭されて、せめて日本選手権くらいはTV桟敷で見ることができたら、と思います。
そのためには、世界記録やオリンピック銅メダルくらいではまだまだ足りない、ということなんでしょうね。日本人選手のいっそうの奮起と活躍を、願っています。


 

これは見逃せない―大迫傑がハーフに登場!



2月最初の週末、お楽しみは何といっても『第66回別府大分毎日マラソン』…よりも遥かに面白そうなのが、IAAFシルバー・ラベル・レース『第71回香川丸亀国際ハーフマラソン』。
今年も楽しみなメンバーが揃うようです。
主な出場予定選手をご紹介…全部は書き切れませんので、私が「ムムッ!!」と思ったランナーのみ。書き漏らしは平にご容赦!

<男子招待選手>
 51 アツェド・ツェガエ (ETH) 58'47"
 52 ケネス・キプケモイ (KEN) 59'01"
 53 エイブラハム・キプヤティチ (KEN) 60'03"
 54 カルム・ホーキンズ (GBR) 60'24"
 55 ファミアノ・スーレ (TAN) 61'19"
 56 大迫 傑 (NIKE ORPJT) 61'47"
 57 宮脇千博 (トヨタ自動車) 60'53"
 58 村山謙太 (旭化成) 60'50"
 59 村山紘太 (旭化成)
 60 設楽啓太 (コニカミノルタ) 61'13"
 61 神野大地 (コニカミノルタ) 61'21"
 62 山本 亮 (SGホールディングス) 61'54"
 63 石川末廣 (Honda) 62'23"
 65 押川裕貴 (トヨタ九州)
 68 ベナード・キマニ (ヤクルト)
 70 田村和希 (青山学院大) 62'22"
 72 西山雄介 (駒澤大) 62'43"
 74 ドミニク・ニャイロ (山梨学院大) 60'50"
 75 上田健太 (山梨学院大) 62'01"
 76 塩尻和也 (順天堂大)
 77 相澤 晃 (東洋大) 62'05"

<男子一般参加選手>
出口和也 (旭化成) 62'46"
市田 孝 (旭化成) 62'03"
ジョナサン・ディク(日立物流)
設楽悠太 (Honda) 61'48"
田口雅也 (Honda) 62'13"
高田千春 (JR東日本) 62'22"
高田康暉 (住友電工) 62'02"

<女子招待選手>
  1 ユニス・ジェプキルイ・キルワ(BAR) 68'06"
  2 シャレーン・フラナガン (USA) 68'31"
  3 イロイス・ウェリングス (AUS) 69'29"
  4 エイミー・クラッグ (USA) 71'19"
  6 岩出玲亜 (ノーリツ) 69'45"
  7 ウィンフリーダ・ケバソ (ニトリ) 69'59"
  8 早川英里 (TOTO) 70'13"
  9 田中花歩 (第一生命) 71'12"
 10 中村萌乃 (ユニバーサル) 71'33"
 11 下門美晴 (しまむら) 71'48"
 12 松﨑璃子 (積水化学)

<女子一般参加選手>
清水美穂 (ホクレン) 69'41"
永尾 薫 (浦安市陸協) 70'32"
松山芽生 (ノーリツ) 72'58"
森 智香子 (積水化学)
菊池理沙 (日立)
平井 恵 (キャノンAC九州) 73'21" 
松本彩花 (立命館大) 77'53"

どぉーですか!?
「なんでこの選手が招待されてないの?」というのもあります(市田孝とか設楽悠太とか)けど、たぶん駆け込み参加でしょう。ハーフの大会ではよくあることです。
何と言っても、大迫傑の逆上陸出場、シニアでのハーフ初挑戦が見逃せませんね。
もちろん、豊大流ミカタでは女子の中村萌乃と菊池理沙に大注目ですけど、あんまりTVに映らなかったらどうしよう。

放送はBSフジで、午前10時30分からの生中継です。
『別大』との豪華2本立てを楽しみましょう!(『別大』は、大石港与・早川翼のトヨタ勢に注目!)


 
ギャラリー
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#10~1996/第80回日本選手権
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
  • 連載「懐かしVHS時代の陸上競技」#9~1991/第10回大阪国際女子マラソン
楽天市場
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ